上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
09
27

ついに!

先刻、エージェントから電話がありました。
ようやく内定書が届いたとの連絡を受けました。
(というか、多分エージェントが取りに言ってくれたと思います)

ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

先日の記事通り・・・


10月1日入社


明日書類貰って、来週から出社って・・・慌しいですね(;・∀・)

何はともあれ、正式に確定しましたので、何よりですね。

以上、速報でございました。
スポンサーサイト
2007
09
26

果報は寝て待て

向こうの提示した入社条件によれば、私・・・

10月1日入社

なのです。
来週じゃん・・・
ですがアメリカの決裁稟議がまだらしいのです。

このままでは15日くらいになってしまいまそうですね(;・∀・)

どうせ多忙な毎日が待っています。
それまで精々英気を養うこととしましょう♪
2007
09
20

いよいよ

就職先がほぼ決まりました\(T▽T)/

遡ること先週末。
6社目の内示を頂きました。
決裁が済まないと正式に内定とはならないとのことで、することもなく悶々とした毎日を過ごしてました。
先刻、米国本社より決裁文書が来週早々に来るということで連絡を貰いました。

そうです。
つまりは、米企業の日本支社に勤めることになりそうというお話です。

これで良いのかという一抹の不安もありながら、その他5社も全てお断りしました。
これでダメならどうなっちゃうんでしょうという感じでした。
入社条件について日本語の正式文書を貰っていましたから、7割くらい大丈夫だろうと思ってましたが・・・


自分の希望だったコンサルティング業界で、英語も使う”かも”しれない感じです。
お客さんが日本人だから、殆ど使うこともないのが実態のようですが・・・


一応、速報でございました。
2007
09
03

悩み・・・

先週までで内定を5社頂きました。
転職活動で30社近く応募しているので、まぁこのくらいは妥当な数値でしょう。
勝率20%弱というところでしょうか。

しかし、どこに行くか悩んでいます・・・
一見、贅沢な悩みのように見えますが、社員数100人以下のベンチャーが4社と企業規模に関する選択肢は多くありません。
それなりの規模の企業は「定着性」に問題があるとして全く相手にしてくれませんでしたから、仕方ありません。
どこに行っても、自分の好き勝手にやれそうですが・・・
どこも一長一短あって、決め手に欠けます。


あぁ~悩む(;´ρ`)チカレタヨ・・・


あと1社だけ申込を進めています。
が、ここは米国系大手企業です。
米国本社の不穏な噂があります。
うぅ~ん。

何の心配もなくいけるところなんて無いのかしら・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。
2007
09
01

内定

ここ1ヶ月の最近の就職活動を考察してみました。

1.俳句で表現してみました。

帰国組
資格無しには
意味は無し

MBA取るとか現地ITプロジェクトの参画とかしない限り、1~2年海外に居るのは、ただの遊びです。
それをカバーするだけの知識、経験、能力が必要になります。
私自身もそう思っていましたが、「1年逃げた」のではなく、「1年遊んでも大丈夫」と余裕を見せられるよう日本に居るときから頑張りましょう。

2.圧倒的求人数

今だけを考えれば、私が新卒採用で駆けずり回ったときより、遥かに「売り手市場」です。
32歳で未経験エリアに飛び込むのに、可能性を根拠に希望年収以上を払う企業もあります。
と言っても、相手に納得させることの出来る能力は必須なのですが・・・

3.新人大歓迎

IT系の人材不足は、恐らく銀行、証券等々のシステム構築に人員が大量に持っていかれているんでしょうね。
1年前頃に大規模プロジェクト予感がありましたから、多くの人は現在もその大規模プロジェクトの中にあって、人員不足を招いているのでしょう。
現在でも企業側の要求スキルと求職者の経験の齟齬は、多少認められる傾向にあると思います。

4.日本的要因

これは私に一番痛いところでした。
何せ、会社の合併による入退社、個人事業主の起業等、日本社会のアウトローをひた走ってる私です。
起業の「定着性に疑問がある」っていう言葉で何度、お断りを受けたことか・・・
外資系でも同じ理由で断って来たことがありましたが、日本社会に同化し過ぎでしょ・・・(;・∀・)
どうせ終身雇用もしないくせに・・・

5.年齢制限

ポテンシャル採用があるのは、30歳までです。
それ以降は、ある程度の素養を求められます。
某コンサルティング大手は、コンサルは29歳まででした。
30過ぎは子会社(SEの棟梁を求めている)にと言われました。
まぁ、そんなもんです。
時間は限られていることを、若い人も知るべきでしょう。

6.人材紹介会社の多重はタブー

10人の人材紹介会社の人を使って、就職活動をしてみました。
これはめちゃくちゃ大変です。
彼らは私を入社させることによってインセンティブを得られるのでしょう。
変ちくりんな説得もあります。
私としてはこっちの主権を主張するために、申込企業より紹介会社の担当者に時間を裂きました。
外人みたいな人は本気で頭にきて、いろいろ本音でダメだししてみましたが・・・
紹介会社を最初に選ぶのは必要だったかもしれません。

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。