上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
09
05

数学って使います?

学生時代、こんなことを言ってたもんです。

「数学なんて社会に出たら使わないよね」

確率?、統計?、微分積分?・・・

こんなのどこで使うんじゃい!!!


そんなことを思ってる学生は今でも多いと思います。

こんなこと書いている私も、学生時代はそう思ってました。
大学で物理学をやったのが、数学を使う最後だと。。。
そこから社会人。
システムエンジニアの10年間で簡便な統計的手法は使いました。
それも実データの整理くらいですから、本格的な数式など不要です。
四則演算できれば十分みたいなw



ほら、やっぱり使わない。。。



なんて思った方。
確かにそういう人もいます。
が、使う人も世の中には沢山いるんだということで、ご紹介。

世界中の金融機関が守っているルールに、「バーゼルⅡ」ってのがあります。
新聞にも出てますが、自己資本比率4%だの8%だの言ってるあれです。
あれの算出に、統計は欠かせません。
数式は簡単。

自己資本比率 = 自己資本 / リスクアセット

このリスクアセットの算出に、確率や統計は欠かせません。
たとえば、信用リスクなんて種類のリスクアセットを見てみます。
取引先の倒産確率を統計的な手法で推計するなんてことをします。
推計した倒産確率をベースに取引金額と掛け合わせたりしながらリスクにさらされている資産を査定します。

おー。つかってますねw
銀行のリスク管理なんかやるとここでしょうね。
これに関連した数式を考えるコンサルタントやら、システムエンジニアやら、使う人は結構いるって話です。

この考え方を応用すると、新規ビジネスモデルでのリスク計量なんて仕事もできます。
実際、コンサルタントである私の前のプロジェクトがこれでした。

これですね・・・

まぁ、楽しい(〃 ̄ー ̄〃)

まさに、コンサルタント冥利に尽きます。
これだけリスクあるから、辞めたほうがいいのでは?なんて話が数値的に可視化できます。
数学好きで本当によかったと思う今日この頃です。

ちなみに、2007~8年の不況が100年に一度って言ってるのも、統計的な確率論が論拠です。
株価が正規分布に従っていると仮定した場合、99パーセンタイルで出すと近似します。

以上、最近の楽しい仕事報告でしたw
スポンサーサイト
2009
03
29

Change has come...

3月24日。
世間はWBCで盛り上がっている最中。
我々の会社は違うことで盛り上がっておりました。

そのニュースがこれです。

ついに来た・・・

私の勤めている会社のニュースです。。。。
こっちが本社で出たやつです。

詳細(英文)


想定内でしたが、私の言いたいことはたった1つです。

勤める会社はいつもこうなるのぉ(´-ω-`)



ただ、別になんら不安はありません。
なぜなら・・・

今の会社に入るときに面接した2人(=最初の上司)が居ますからwwwwww


あの2人、また辞めちゃう?・・・(;・∀・)
2009
02
22

確定申告

日本で会社勤めをしていると、12月頃に「年末調整」なることをやってくれと言われます。
会社によって微妙に違うところがある気がしますが、今の会社だと保険で支払っている分や住宅ローンの額などを申告しています。
これらの額に対して一定額免税される優遇措置があります。

話はちょっと変わって、2005年の夏から2006年までの半年ちょっと、私は個人事業主でした。
その場合、売上から経費さっぴいた所得額を申告して、所得税、住民税を支払うという手続きが当然あります。
それがいわゆる「確定申告」ってやつです。
当然、年末調整で出てくる内容は含んで申請します。

ここからが本題。
サラリーマンで仕事一筋でやっている人は「年末調整」さえしていればよいのでしょうか?
「確定申告」で税額が減らせる可能性はないのでしょうか?
たとえば、不労所得がありますなんて人いませんか?
株やFXで損したとか。
損した場合は、間違いなく所得が減っているということなので、税額負担が軽減できます。
また、たしか医療費が年間9万円だか一定の額を超えると優遇措置があるはずです。



そうです。
確定申告すると、少しでも取り返せるのです。
というわけで、私も株で出た去年の損失を申請・・・なんか悲しい(´;ω;`)ウッ…


日本の確定申告の手続きは、紙の申請と、電子申請2通りです。
紙の申請はOCRシートにテケテケ記入していけばいいだけです。
パースでTaxReturnしたときは、パソコンからやったので同じことを日本でやろうと調べてみました。

結果から申しますと・・・

手続きめんどくさい( ゚Д゚)マンドクセー


Australiaと違って、TaxFileNumberといった個人が持っている納税番号がない日本では電子申告する旨、申し込みが必要です。
さらに、そのデータの信頼性を確保するという名目で、特定の電子認証局の電子認証(電子的なハンコみたいなもの)を申告内容のデータに付与する必要があります。
電子認証の発行は、ICカードに持っているデータを使用するというのが一般的らしく、ICカードリーダーが必要というまためんどくささぶり。。。
公的機関に限って言えば、一時使い道ないねぇと言っていた住民基本台帳にその機能を持たせようとしているらしく、住基カードなるものを近隣の役所に申請する。。。


道のりが長い上に、そんな手続きできるほど休めない!!!o(`ω´*)o


紙しか選択支がないな(´;ω;`)ウッ…

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。