上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
09
30

フェンスの意味

今週から何故か家の前のLangley Parkが工事中です。
フェンスが立ち並び、照明機材などが運び込まれています。
Red Bull Air raceまでは1ヶ月以上もあります。
なんでしょう・・・

ふとスワン川から散歩して帰ってくると、Langley Parkの端っこにでかい看板が設置されています。


Telstra Rally Australia 2006
WRC Chanpionship
26th - 29th Oct
(デジカメ充電中につき、看板の絵はのちほど)

・・・

私の大好きなラリーがやってきます。
テレビの特集でしか見られなかったあれです。
今年のワールドカップより私的には燃えます。

何年か前に北海道に行ったときも、その翌年にラリージャパンが開催されました。(今年も既に終了)
自分も走った帯広-網走を地図を見ながら想像したものです。
なんでしょう!
ラリーが私の後を追っかけてくれてますよ!(大きな勘違い)
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

Perthの国際空港に看板とラリーカーがあったので知ってましたが・・・
それが期せずして、うちの目の前で車の整備されるようです。

しかもタダで見られる(´;ω;`)ウッ…

ベースはGloucester Parkというところで、郊外のほうで各LEGを走るようです。ワインで有名なスワンバレーのほうでも走ります。

なんだ・・・
これはやはり車買えってことなのか?!

いや、先立つものが。。。(;´ρ`) グッタリ
スポンサーサイト
2006
09
29

Dって・・・

フラフラと量販店を見ているとDVDコーナーがあります。

どれどれ・・・

やっぱりハリウッドものが多いですね~。
というかどれがオーストラリアのか分からない・・・
日本のアニメらしきものを扱うコーナーも見当たりませんし、子供用のところにも日本のアニメのDVDはちらっと見たところありません。

おや?
頭文字D・・・
これだけは一番上の目立つところに飾られてます。

そう。。。何故かオーストラリアでも

イニシャルDは大人気

なのです。
証拠写真をお見せします。

P1000111.jpg


なーんだ( ´ー`)フゥー...
ただのパンダトレノじゃない。
そんなの車検ない国なら結構走ってるよ。

そんな突込みをしてしまうあなた。
いや、良く見てみましょう。
見えたかな?

P1000112.jpg


シートにイニDの刺繍が入っとります。
っていうか、こんなの売ってたのかとそっちのほうがびっくりです。
藤原とうふ店のステッカーも見ましたが。。。AE86ではなく旧式カローラのハッチバックでした(´;ω;`)ウッ…
昨年には香港で実写版(国内外でかなり不評のようすが・・・)もされたように海外でも人気があるんですね。

こっちに車検はないので、古い車も多いですし、チューンドカーも派手です。
HKSやVeil Side、フジツボといったチューンがなされた車がシティをかっ飛ばしてます。
まさに、日本車のチューンドカー天国です。

VIVA!日本車!!
2006
09
28

ダラダラ就職活動 Part2

Part1が無いんですけど、Why・・・の続きということでPart2からスタートです。

風邪を理由にしてしばらくやってませんでしたが、再開です。

久しぶりに新聞を買って、見てみます。
土曜日。。。
あれ?IT関係の仕事ない。。。
水曜日。。。
あれ???IT関係の仕事ない。。。

もう新聞買いません(;´ρ`) グッタリ

ADSL導入により毎日サイトを見られます。
こっちメインで活動開始です。

毎日メールで届く仕事のリストから応募してみます。
今のところの戦績です。

応募した:      5
ダメと返信があった:  1
返信無いけど2週間経った: 1
面接した: 0
辞退した: 0

まだ始まったばかりですね。
学生時代の就職活動を思い出します。
100社くらいセミナー聞きに行ってましたからね。

アグレッシブに行かないと就職できないのは分かってるんです。
でも、今日もコーヒー片手にインターネットでちょっとだけ応募・・・
学生時代からの口癖ですが、会社と個人のお見合いみたいなもんですから、いい人が見つかればそのうち声がかかります。

・・・多分
2006
09
27

春と花と鼻( ´・・`)

春は三寒四温といいますが、こっちの”寒”は桁違いに寒かったです。
まるで冬に戻ったかのような寒さでした。
お陰で風邪をひいてしまったわけですが・・・

日本で春といえば花粉症・・・いや、桜です。
花粉症の私でも、オープンカーで花見してしまう暴挙をしてしまうほど、大好きなものの一つです。
(30分以上は殺人的な症状に見舞われますが・・・)

Perthでは桜ではなく、ワイルドフラワーです。
9月中旬くらいから咲き始めて11月初旬くらいまでみられます。
Perthのワイルドフラワーはその見られる種類が多いことから、オーストラリアの中でも有名です。
KingsParkという馬鹿でかい公園がありますが、ここのワイルドフラワー散策は、ボランティアの人が無料でガイドしてくれます。
(もちろん英語なわけですが・・・)
とにかくみたこともない花が沢山あります。
こんな感じです。

DSCN0524.jpg

DSCN0531.jpg

DSCN0540.jpg

DSCN0544.jpg

DSCN0724.jpg

DSCN0729.jpg

DSCN0734.jpg

DSCN0735.jpg


桜もありますが、ソメイヨシノがあるわけではなく葉っぱが紅葉色した怪しい桜です。
うちのアパートの門のちかくにある桜はこれから咲くようです。

ん?

なんだか普通の観光案内みたいになってるな・・・

私の春の定番といえば、くしゃみ、鼻水です。
これが実は発症しておりました(´;ω;`)ウッ…

ま、まさか・・・花粉症(* >ω<)=3ヘックション!

こっちにいるとしばしば出ていたのですが・・・
ふと考えてみると、家に居ると止まりません。
薄々気付いてましたが、アレルギーが埃にも出ているようです。
こっちで滞在しているのが、ホテルもアパートもレンガ造りの家なので、それで埃が絶えないのかもしれません。(えらい古いので・・・)
こればっかりは、医者にかかっても海外旅行傷害保険で面倒見てくれません。
昔の和室の壁のようにぼろぼろと出続けているのでしょう・・・

うぅ・・・蛇足でした・・・(*T^T)ズルズル
2006
09
26

借りてもやっぱりオープン

  • Category []
  • Comment [0]
  • Trackback [0]
こんなレンタカーに乗りました。

P1000414.jpg


この車はM2000というレンタカー屋で借りました。
PTクルーザのオープンです。
2.4リッター、マニュアルです。
1日$100という高額レンタカーでございました。

こっちのレンタカーは1日(24時間)単位に借ります。
一日当たり100kmないし500kmまで走行可能で、レンタルするときに選択します。
(それで料金が変わります)
超過した場合には、超過キロ数分の料金を最後に精算します。
保険などはレンタカー屋によって違うので、それぞれ確認するとよいと思います。

2ヶ月ぶりに運転してみると。。。

まだいけるじゃないですかw

シフトは繋げました。

オーストラリアの交通ルールは日本と同じ感じです。
ちがうのはといえば、ラウンドアバウトといわれるところです。
サークル上になった交差点の代わりみたいなもんです。
サークル内の車が優先というだけで、特に問題はありません。

PTの感想はというと、彼女の友達の彼氏の友達のスティーブも同意見でしたが・・・ダサいです。

いや、これは個人的な主観ですから・・・

まず、燃費が悪いです。
私のスムーズな運転でZ3(1997年式)が10km/l出してました。
それと同じくらいの運転で、5.5km/lくらいしか走りません。
それでなくても高額レンタルフィーなのに・・・

見切りが異常に悪いです。
車庫入れは慣れるまで結構大変です。
そういえば、アメリカの駐車場は広いイメージがありますが、オーストラリアの駐車場はさほど広くありません。
日本と同じか、むしろ日本のほうが大きい場合もあります。

いいとことは、オープンになることと、190kmしか走っていない状態で借りた新車だったことと、彼女が喜んだことくらいでしょう・・・
2006
09
25

彼女の大冒険 その2

昨日夜の便で、彼女は日本に帰りました。

彼女の滞在は、最初のうちは車をレンタルして動いて、以降は徒歩圏内でウロウロしていました。
いずれにしても大体、一緒に行動しているので、安いツアコンと一緒みたいなもんです。(私が通訳しますから・・・(;・∀・))

そんなある日のことです。
彼女の付け爪が折れたので、一人で修理に行くといっています。
とりあえず、家に電話があるので私の携帯を持って一人で出かけていきました。


・・・2時間後・・・


なんだかうれしそうです。
修理できたということで、見ると加工が違いますが、色を合わせて修理されていました。

彼女曰く・・・
ネイルサロンは、リペアとスリー(指3本)という単語で乗り切ったそうです。
お店の人には後で来てくれといわれたみたいですが、15分後が分からなかったみたいで大変だったようですが、無事できたそうです。
帰り道に、外人に”日本人の女の子は○○こ好きだろ?”って日本語で声かけられて怖かったとは言うものの、彼女は一人で楽しそうでした。

日本でなら子供の頃のお使いレベルですが、大したことでなくても達成感があるのは、やはり言葉の壁があったからでしょう。
何かの障害があるのに、それに負けずに何とかやり遂げたことで感じる達成感。

度胸のある人には、こんな達成感はないかもしれませんね(*゚ー゚)
2006
09
23

彼女の大冒険 その1

私の彼女はまったく英語を聞き取れません。
そして、話しません。

空港での事件でした。
風邪で病院で貰った薬とビールを一緒に飲んだら、眠れなくなり寝ずに迎えに行きました。
空港に着くと午前5時45分、レンタカーでうちから30分ほどでしょうか。
到着ロビーの電光掲示板では5時半に到着とあります。
鼻を啜り、くしゃみをしながら待ちます。

待ちます。。。


待ちます。。。。。。。


1時間近く待った頃に、空港の職員らしき男が来ました。

「彼女は君の連れかい?」

男の指差す方向を見ると、彼女が入国審査の出口で手を振ってます。。。
彼曰く「彼女はタバコを買いすぎて入国できないんだけど。助けてやって欲しい。」

彼女の2回目の海外旅行。
しかも一人で来たのは初めてです。
(1回目は高校の卒業旅行)

私も初めてです。
空港に迎えに行って、出口から入国審査に行ったのは・・・

彼女の友達がこっちにおり、その土産に4カートンも買ってきました。。。
空港の人の話では、ルールが変わって範囲外の分だけ税金を払えばいいということはなく、全部に対して掛かるとのこと。
全部の額を聞くと、$210を超えています。
彼女は「払えばいいんでしょ~」といい財布を出します。

いや、待て。
めちゃくちゃ高いぞ(;・∀・)
\1700×4+$210。。。1カートン7000円くらいになります。。。

それは高いというと、空港の人が帰りの便で持って帰れるように預かってくれるとのこと。
手続きして、出られるかと思いきや・・・

空港職員「まだあるの?」

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
なに?なに?
入国審査カードに何かを申告したようです。

味好み、おにぎり・・・うぅ・・・
こういうのは持ってきちゃダメよ(´;ω;`)ウッ…

空港の職員は、おにぎりをフリフリします。
「何が入ってるの?」
普通の巻き寿司だよといってごまかします。

外に出ると、真っ暗だった夜が既にすっかり明けてます。

オーストラリアの入国審査は、X線検査を必ずするのでこういうものは大体ばれます。
申告しないでばれると罰金が6000ドルか10年以下の懲役になります。
持ち物はくれぐれもご注意ください。

いろいろなところで情報が出てます。
事前に確認してください。
2006
09
21

病気の功名

風邪ひいて病院にいきました。
海外旅行傷害保険に入ってて良かったという感じです。

最近の海外旅行傷害保険は、キャッシュレス医療サービスということで、お金は保険会社(もしくはその現地エージェント)が対応するため被保険者は支払い不要というものです。
保険会社にもよりますが、Perthでは日本語医療センターというところがあります。
Perthの駅ビルにあります。BlueCatのBeaufort St Bridgeで降りてすぐのところです。
電話も日本語で対応してもらえますし、受付も日本人が常時居ます。
先生は現地の人ですが、日本人の人が通訳してくれるので日本語だけで医療が受けられます。

P1000415.jpg


受診は簡単です。
パスポートとInsuranceCard(保険契約を証明できるもの)を持っていきます。
最悪の場合、パスポートで対応してもらって、後日InsuranceCardでも対応してもらえるようですが、本人証明などかなり時間がかかるので、両方とも持っていくのがいいです。
あとは、問診表と保険金請求書類に日本語で記入するだけです。
診察はそんなに変わりありません。
日本のように診療機関と薬局が分かれてません。
薬も診察室の中でくれます。
支払いなどはないので、そのまま帰ります。

入っててよかったですよ・・・ホッ!ホッ!(o`Θ´)o

私が行ったときに、日本人の女性3人が来てました。
1人が怪我したようで、どうもスライサーに指を突っ込んだとか・・・
保険カードも何も持たずに来てました。
痛いのに診療してもらえない・・・
しかも、付き添いで来た2人もそういうのを知らないから持ってきてあげてない・・・
待ってる間、どこの服が安いだの話してます・・・
命に別状はないにしても、酷いなと思いつつ・・・

結局、ルームメイトも、いざというときに役立ちません。
自分で自分を守る意識はここでも肝要です。
風邪をこじらせたり、彼女がこっちにきたりで更新が疎かになっておりましたが・・・

今しがたADSLが開通しました!

結局、6~9ヶ月くらいでは安いローカルのプロバイダはなく、TokyoNetというところにしました。
KDDIがサービス提供しているものです。

ダウンロード1.5Mbps、無制限で$129・・・高い・・・(;´ρ`) グッタリ

ADSLモデム&ルーターを$99で買ってきました。
Ethernetポート1個、USBポート1個・・・2台しかつなげませんが、充分です。
ケチってこれにしましたが、$167でワイヤレスモデムも売ってます。
日本と値段はあまり変わりませんかね。

ADSLの設定は、昨晩しました。

が、ユーザIDを酔っ払ってた所為か間違えて接続できなかったのは秘密です・・・(;・∀・)
2006
09
10

異変・・・

日本を離れて早一月半。

自分の変化に気付きます。

1.ベルトの穴を2つ進める

体重は量ってませんが、多分痩せました。
9年前に買ったチノパンが今まできつかったのに、普通になりました(*゚ー゚)
毎日3-4本ビールを飲んでますが、全然太りません。

2.起きる時間が7時半~8時に・・・

目覚ましなど使ってないんですけど、必ずこの時間帯に起きてしまいます。
そういえば、社会人のはじめくらいまでは、早起きしてたな・・・。

3.お腹が強い子になった

日本に居る時は、朝御飯を食べすぎるとお腹を必ず壊しました。
それで、大体ジュースくらいしか取れなかったのですが・・・
ここでは普通に毎朝食べても壊しません。
最近の朝のメニューです。

★ピザトースト2枚(リンゴ&チーズとトマト&チーズ)とコーヒー
★冷製パスタ(トマト&ズッキーニ)
★野菜とグリルド ラムのサンドイッチ
★タンドリーチキンのサンドイッチと野菜スープ
★ご飯と味噌汁とトロピカルスナッパーのムニエル

うーん、暇をいいことに食生活が豪華です。

4.(* >ω<)=3ヘックション!

なんでしょう・・・家の中に居るとくしゃみが・・・目も痒い・・・
外に居るとなんでもないのに、たまに鼻が詰まって目が覚めます。
埃のせい?
こっちは丁度桜の季節です。
もうそろそろ満開・・・( ゚д゚)ハッ!
ま、まさか・・・目に見えないお花の微粒子が私のお鼻に悪戯してるんですか?!
信じたくない・・・( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

5.晩酌

日本でも一人暮らしのときにはしてましたね。
あぁ、というより海○通ってましたかね。
出発前は家で飲むことはなかったのですが、ここでは毎晩ビールを飲んでます。
バーには1週間に1回くらいしか行ってません。
友達が忙しいとか、金が無いとかで断られて今週は行ってません。

5.○○○の匂いが異(ry

ラム大好きなのでちょっと食べすぎちゃいましたかね(;・∀・)
2日に1食は必ず食べてますからねぇ。。。
2006
09
08

日本人の嘆き

Woolworthとかで買い物していると、日本人を良く見かけます。
確実に、学生です。
私よりも遥かに若い歳です。

彼らを見ていると、面白いことに気付きます。

彼らは普通に「安い~」とか言いながらカップラーメンやらスナックやらパンしか買いません。

安いのは、野菜なのに・・・

これはまずかったなどと缶詰のものを指して言います。
スーパーの袋を持って歩くのがかっこ悪いとか。。。
挙句、レトルトの米を見ながら食べたいとのたまいます。

電気炊飯ジャーがないと米すら食えないのか・・・(;´ρ`) グッタリ

食育基本法なる法律が日本に必要な意味が良く分かります。
彼らは、日本人として以前に、人間として食生活が狂ってます。

日本という欲望の島に居たらそうなってしまうのも、ある意味仕方ないのかもしれません。
コンビニの弁当でいつもの食事を済ませ、24時間好きなときに好きなものを飲み食いできます。
遊びに行っても、東京は眠らない街です。
空に星はなく、ビルや外灯が星の代わりに道を明るく照らし出します。
やりたいこと、やらなければいけないことだけに時間を費やし、生きるために必要なことすら忘れてしまいます。
つまりは、必要なものを食べない・・・寝ない・・・
きっと日本人は、こうした過激な刺激を受けすぎて、普通の生活に何も感じなくなってしまっています。

ここに来て、1ヶ月。
うちの近くのコンビが一番遅くまでやってますが、11時までです。
バーも平日は10時には閉まります。
うちの近所は明るいほうですが、普通に星が見えます。
シティのど真ん中に住んでいるのに、田舎に帰ったときより何もありません。
過激なネオン広告は全くなく、9時を過ぎたら、うちの近所で電気がついてる部屋は数軒です。
仕事も5時には終わるのが殆ど、お店もちっちゃなショップは大体5時半くらいに閉まります。

最初に私が思ったのは、「退屈」です。
何もすることがないことに対してというのもありますが、刺激的なものがありません。
ビーチでビキニのおねーちゃんを見るくらいがせいぜいです。
それもなんか刺激的というより、きれいな景色の一部みたいなもんです。
つまりは、私も日本人だということなんでしょう。

自分にとってこれが過剰な刺激なのか今一度考えてみてもいいのかもしれません。
「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
何事も程度というか、加減というかがあります。
テレビすらない今の家は、のんびりライフの極限まできてますけどね(;・∀・)

==========================================

最後の〆に電気炊飯器を使わないお米の炊き方です。

1.水で2-3回洗う
洗剤使うお馬鹿さんはいないよね・・・

2.ナベに米1:水2くらいを入れる
炊飯器でやるときと同じです。米の上に手を置いて手の甲まで水を入れる

3.ガスコンロに蓋をした鍋を12-15分くらい中火~やや強火で煮る
はじめちょろちょろなかぱっぱ・・・はかまどが最初から火力をコントロール出来ないからで関係ありません)

4.泡が出ますが気にしない
赤子泣いても・・・ですよ

5.泡が止まってきたら、そろそろ終わり
いずれかで判断してください。
  ・泡が消える(蓋が透明なら直ぐ分かる)
  ・香ばしいにおいがする(おこげのにおいです)

6.火を止め、5-10分蒸らす。

7.かき混ぜて、お皿へ・・・(゚Д゚ )ウマー

基本的に、使う器具に依存するので1度試してみてください。
ちなみに、しっかり閉まるタッパーと電子レンジでやった場合、強で15-18分でばっちりのはずです。
おこげが欲しい人は、においがするまで火にかければいいですし、おかゆがいいなら水を増やせばいいです。
水が少ないと米の芯が残るのでお気をつけて・・・

ちなみに、大体こっちでは2種類お米が売ってます。
ロング(いわゆるタイ米)でもミドルでも作り方は同じです。(値段もね)
ロングはちょっと水を大目にしないとパサパサ感があるので白米として食べるにはきついです。
ミドルでも冷蔵すると日本米のような粘度はなくなります。
今は、インターネットカフェに通ってメールなり、ブログの更新をしております。
これが、$3~4/hour・・・
一ヶ月で換算すると10日来ただけでいい値段です。
しかも、2時間なんか使った日には・・・

というより、私がインターネット依存症なのでしょう。
とにかく、「調べるのはインターネット」に慣れてますから・・・(;・∀・)

というわけで、家から接続すべくいろいろ調べてみました。
ちなみに前提として、オーストラリアの回線速度は、日本のそれに遥か及ばないお粗末なものです。
日本で5年前くらいに8MBのADSLを始めたのと同じかそれ以下です。
主流は1.5MBまで、基本的にダウンロードバイト数による従量課金制です。
つまり・・・びっくりするほど料金が高いです。

その1.どこでも接続できますキット・・・(Wireless)

USBでPCに刺すタイプのもので・・・とあり、話を聞いてみると所謂I-modeの接続と同じです。
256kbpsだかで携帯の電波が届く範囲で使えます。
勿論、私はポータビリティよりスピードなので却下です。

その2.日本のプロバイダがやってるダイアルアップサービス

ローカルの電話代で済みます。
基本料金も安いんです。
所詮56kbpsです。
ダイアルアップにはもう耐えられませんので却下です。

その3.ADSL

TelstraとOptusという大手通信会社(日本のNTTとKDDIみたいなもん)がインターネット接続サービスをしています。
料金も$20前後から設定されており、安いのですが・・・
Optusは無理って言われました。
基本的に、最低契約期間が12ヶ月で、それ相応のVisaを保持していることが条件です。
Telstraも12ヶ月、24ヶ月の契約を前提に安い料金を設定しています。
ただ、それに満たない期間で解約する場合、違約料を払わなければなりません。
ショップの店員曰く、「えらいことになりますよ・・・」
そうですか・・・

どっちもショップに行って話しを聞いたんですが、Optusの店員がむちゃくちゃ態度が悪いです。o(`ω´*)o
「アー、無理無理」みたいに最初から話を聞いてないし・・・サービスが悪いといわれてるTelstraのほうがよかったです。

そんなわけで・・・
その他のプロバイダを探してますが、星の数ほどあります。
料金も接続スピードもサービスエリアも千差万別です。
日本人のやっているサービスプロバイダもあります。
それでも12ヶ月契約を前提にしている料金設定(つまりそれ未満だと違約金が発生する)だったり、スピードが極貧だったりと問題ありです。
そんなわけで、検討中です。

結局、なんにしても電話線引かないとダメなんです。

というわけで、電話しました。
Telstraに・・・(Optusはサービス悪かったので使わない)

音声認識のCRMソフトなんてあるんですかね?!

あるんです。

Telstraのやつは、ワンとかホームとか「言え」って言うんです。
ホームというところをザ・ホームとかいうと、ホームって言ってくださいとか言われる・・・
なんだ・・・
これ・・・
さすが元国有電信会社だけあります。
某N○Tデータとかでも研究やってるんですかね?
日本語は難しいかな・・・
同じ音で違う意味だったりするもん・・・
OCRですらままならないのに・・・

オペレーターに繋がったら、家の電話使いたいというと、名前、住所、生年月日、連絡先の番号を聞かれます。
ブロードバンド使うかも聞かれますので、同時に申し込みもできると思います。
これで使うとなると、月々の電話基本料が下がるプランがあります。
家に電話線が来ていないか聞かれるので、ないと$190を払って電話線工事をしてもらうことになります。
そうでない場合は、普通に回線変更手続きで、$59払うだけです。
後は、月々$29の基本料金+通話代金です。
(ADSLセットだと$20以下で設定されてたと思います。っていうか飲みながら打ってるからダメですわぁ~)
市内通話なら何分話しても1回¢20です。
アンケートで、健康か?とか職業は?とか聞かれるので答えればこれで完了です。

さて、どのプロバイダにしよ・・・
2006
09
05

Red Bull Air Race & Festival

今の家に引越したときに1通のレターが届いていました。
タイトルにある飛行機レースの居住者向けの通知です。
Red Bull Air Race World Seriesは、以下で開催されたそうです。

アブダビ(アラブ首長国連邦)
バルセロナ(スペイン)
ベルリン(ドイツ)
イスタンブール(トルコ)
ブダペスト(ハンガリー)
ロングリート(イギリス)
サンフランシスコ(アメリカ)←これだけまだっぽい

そして最終戦がPerthです。
日程は、2006年11月19日にレース、お祭り騒ぎは17日~19日となっています。
Perthでは初開催だそうです。
レースはスワン川の低空に設定されたコース(傷害物の間)を高速で飛ぶというもの。
11人のパイロットで競われます。
詳しくはこちらで→Red Bull Air Race

私の今のアパートはTerrace Roadというところにあり、Langley Parkという公園に隣接しています。
ま、隣といっても窓から公園やSwan川が見えるわけではないのですが・・・(;・∀・)
このLangley ParkがAirstrip(滑走路)になるとのことで、11月7日~24日の間立ち入り禁止になります。

うぅ~ん・・・私の毎日の散歩コースがなくなってしまいます(;・∀・)
素足で芝生の上を歩いたり、家でサンドウィッチ作って芝生の上で食べたり出来なくなります・・・
P1000333.jpg

初夏のいい時期なのに・・・

ちなみに、なんでLangley Parkなのかというのには歴史があります。
公園のトイレの横に、ちっこい建物があるのですが、ここにヒントがあります。
実は、この公園ただ広い芝生の公園として生まれたわけではありません。
1920年代には滑走路として使われていたんです。
そのときの名残の建物がそのちっこい建物です。

重ねてみると、1920年代といえばプロペラ機、なかなか乙なことを考えます。

ちなみに、ラスヴェガスのメインストリートをストリップといいますが、別にストリップ劇場があるからではありません。
Strip(滑走路)のように広くて真っ直ぐの道だからです。
2006
09
05

Why don't you get a job?!

アパートをしていた裏で密かに、仕事をしようと準備をしてました。
今日はその辺の話を一つ。

1.TFN
オーストラリアで働く場合、基本的にTax File Numberというのを取得しなければいけません。
就職する場合、この番号を雇用主に伝えます。
伝えないと最大所得税率の45%が給与から天引きされます。

ちなみに7月頃にTaxReturnというのがあります。
これは、日本の年末調整や確定申告と同じです。
ただ、日本のような交際費にあたるものは費目として認められませんし、出張しても日程を含んだレポートを書いていないと認められません。
スーツなど仕事でしか着ないようなものは、日本では経費として認められますが、こっちではスーツくらいではダメです。
潜水服とか凄い特殊で仕事でしか着ないようなものだけしか認められません。

余談はこのくらいにして、これを取得するのは簡単です。
Webサイトで簡単に取得できます。
居住者(Residential)か非居住者(non-Residential)かを選び、あとは住所などを入力するだけです。
Visaの種類によってどっちになるかは違いますが、1年以上同一の場所に住むが居住者となっているので、ワーホリの場合、非居住者です。
住所も泊まっていたところで申請して問題はありませんでした。
番号は郵送で通知されます。
申し込みサイトの説明で、28日以内に連絡が届かない場合は、確認するようにとあります。
私の場合、丁度1週間くらいで取得できました。
これで準備は完了です。

2.履歴書(Resume、CV)
日本食レストランとか日本人ばかりのところとか興味はありません。
やるならとことん飛び込みましょう。
となると・・・
自分の売り物はIT関係しかありませんね(;・∀・)

私のCVも、それのために書いてあります。
ちなみにCVは、書き方がちょっと違いますが、日本のIT関係で見る業務経歴を英訳しても同じだと思います。
(業務経歴:いつからいつまでどんなプロジェクトをやったをつらつら並べた紙)
結局、IT関係の人にとっては、どんな感じのことをどれだけやってきたかしかありません。
私の場合、そのポジションで、どれだけ効果に寄与したという説明書きが足してあります。
(ダメなときのは目をつぶって書きません。)
メール送るときのCoverLetterなんてのもありますが、これは準備してません。

3.仕事探し
オーストラリア流の仕事の探し方です。

①新聞の求人欄
水曜日と土曜日に沢山出てます。
アパート探したときと同じですね。

②求人Webサイト
いろいろなサイトがありますが、Stuart君お勧めのサイトはseek.com.auというサイトです。
ここはITだけのページもあります。

③現地エージェントを使う
不動産屋の前にもありましたが、大小含めていろいろあります。

④Resumeを持って飛び込み
有効な手段らしいです・・・

①、②と一通り見ましたが、基本的に有期のやつだとプログラマなのです。
もう何年作ってないよ・・・プログラム・・・(;・∀・)
ヘルプデスクやドキュメント管理のアナリスト、PMなんていうのもありますが、これらは何故か居住者のみ。
見るたびに、あぁ、私のスキルにジャストフィット・・・でもVISAが・・・(;´ρ`) グッタリ
AIXのシステム管理者なんてのもありました(*゚ー゚)
いろいろ知ってるだけで、実際やったらどうなんだろうと思いつつ・・・

とりあえず、seek.com.auでResumeを作成して公開してみました。

まぁ、気長に仕事探ししましょう。
所詮、Working Holidayとは、「働いてもいい休日(1年)」なのですから(*゚ー゚)

・・・お金が続けばね・・・
2006
09
02

オージー生態観察第2弾

は~い、パブでID出せって言われた31歳で~す。。。(*゚ー゚)

俺が18歳以下に見えんのか!!!

バカにしやがって。。。o(`ω´*)o
それはおいておいて、好評(?)のオージーの行動観察第2弾です。|-`).。oO(・・・・・・・・・)

1.タバコは吸います
値段が高いにも関らず、結構普通に吸ってます。
去る7月31日から特定の場所(Barなど)を除く建物内での喫煙が全面的に禁止になっています。
それなので、みんな外で吸います。
宿では、テラスかプールサイドでタバコを吸います。
Barでは外で吸います。
マナーは最悪です。
道端で歩きタバコ、ポイ捨ては結構当たり前です。
というより灰皿が街中に見当たりません。
巻きタバコが安いですが、みんな普通に20~25本入りのタバコを買ってます。
持ってる人が提供するのが結構当たり前で、最初の話のきっかけくらいにはなります。
40本だか50本だか入っている箱もみましたが、あれはでかすぎです(;・∀・)
ついでに、その7月31日でタバコ税も上がったので、値段も高くなってます。
20本入りで一番安くても$8以上します。

2.ビールは基本的に箱買い
私は、友人が18本ケース以上でしか買っているところをみたことがありません。
実は、18本ケースで$35など安売りで売っており、1本$2近くで買えます。
こっちのペットボトルの飲み物は以外に高く、500mlとか600mlのが$3とか平気でします。
それと比較するとビールのほうが安いです。

3.休みなら朝からビール
ヨーロピアンな感じでいいですね(*゚ー゚)
背徳の誘惑というか・・・ねぇ・・・って誰もわからんか。
ちなみに、ビンビール(所謂日本のスタイニーボトル)ですが、現地のビールは栓抜き要りません。
始めてペドロに貰ったときも栓抜きは?と聞いたら、時計回りにきゅってまわせって・・・ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

4.何か言わずにいられない
近所のおっちゃんが会うと、今日は暑いね~寒いね~どこ行くの~学校いかねーの?と声をかけてきます。
工事現場のおっちゃんも、歩いてる私に、今日は歩きたいのかい?なんて声をかけてきます。
バーで知らないおねーちゃんのグラス割れちゃったら、へい!あぶねーから持ってけ~!!なんて周りで騒ぎます。
このずけずけ人のところに入ってくる感じ・・・なんか江戸っ子っぽくて好きです。

5.カンガルー、クロコダイルは食わない
そもそも売ってません。
Subiacoのスーパーなどかなり大きなところでないとありません。

6.海苔食えます
ロスでは、海苔が紙を食っているみたいで不評で、カルフォルニアロール(米が外になる逆巻きの海苔巻き)が出来ました。
しかし、ここではどこでも普通に売ってて普通にランチにTakeAwayしてます。
スーパーによっては巻き寿司料理道具&調味料セットまで売ってます。
巻き寿司はオーストラリア人のTakeAway定番ランチの一つです。

7.ワインは若いのが好き
赤のフルボディの重たいやつくれと言ったら、テーブルワイン級です。
そもそもビール好きなんだから、咽喉越し命。
若いワインで咽喉越しを楽しむので、あまり寝かせたワインは見ません。
というより、そもそもコルクじゃなくて、ひねってまわす蓋だったりします。
寝かせないならコルクじゃなくていいわな。

8.男は料理できない
そもそもしないです。
バッパーなどで作っている人もいますが、上手いのは大体はヨーロピアンでオージーは適当です。
グリルでずーっとなんか焼いてみたり、フライパン一杯にミンチを作ってトマトソースを入れるだけとか。
皿にも山盛り盛ります。
焼くだけのBBQくらいしか出来ないんだろうな・・・
食欲の湧かない料理です・・・そして↓

9.食べきれない分はゴミ箱へ
環境とかなんとか言う前に、お前らの余った分で何人のアフリカの飢餓を救えるんだ?!
もう一杯というまで必ず食べてるので、デブが多いのも納得です。
自分だけよければそれでいいというのはどうなんでしょ。

知識層の何人かの人と接する機会がありましたが、1、3、9が違うかな・・・
頭で考えたことを実行できるというか・・・前頭葉で全身を制御できてるというか・・・
こればっかりは日本でも海外でも同じですね。
知的な人は自己抑制に長けてるもんです。
2006
09
01

生活の違い

いやぁ~相変わらずいい料理の腕してます。

MyDinner.jpg


昨日の晩御飯ですが、ご飯と味噌汁、グリルドチキン(醤油味)を作ってみました。
一人で美味美味と機嫌よくなってますが、誰も共感はしてくれません(;・∀・)

さて、これを見ても分かるとおりですね。

結構普通に日本の食材は手に入ります。
アジア系の移民が多いというのもありますが、米や醤油、ワサビなどは簡単に手に入ります。
ランチに巻き寿司食ってるヨーロピアンを良く見かけますし、オーストラリアに日本食は馴染んでいます。
手巻き寿司セットがスーパーで売ってるのは当たり前ですね。
魚が高いですね・・・そして新鮮じゃないです。
回転寿司でマグロが$5だったかな。。。イカで$3は高いです。
味噌もマルコメとかでなければ簡単に手に入ります。
日本の米と違って、もっチリした米ではない(いわゆるタイ米風)なので、冷蔵したりするとパサパサがちです。
チャーハンに使うからいいんですけどね・・・
ちなみに、最近のお気に入りのスーパーはWOOLWORTHというPerth駅前のやつです。
いろいろ見て回った結果、一番近くて安いのはどうもここのようです。

ゴミ捨てですが、いつでも勝手に共用のでかいゴミ箱に分別せずにビニール袋にぶっこんで捨ててます。
ビンもカンもプラスチックも生ゴミもありません。
全部まとめてポイ・・・なんて簡単♪

最後に私の部屋のものの多さを写真で・・・

MyRoom.jpg

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。