上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
02
28

ご近所付合い

今日は一日、雨が降ったり止んだり。
明日もこの天気だそうですが・・・
ご近所のおじーちゃんと話をしていると、これで夏も終わりだねと言っています。

ご近所さんといえば、オーストラリアにはTAFEという職業訓練学校があるのですが、ここに通っている日本人の学生が私の同じ棟に住んでいます。
以前の停電騒ぎで存在は知っていたのですが、最近通りかかったときに話をしてから、仲のいいご近所さんです。
その隣の部屋のJakeが中国人の彼女に振られ、失意のあまり引越ししたのですが、そこにそのTAFEに通う学生さんの同級生が引越ししてきました。
向かいの棟に住んでいるジョージ(既出)に言わせれば、「おいしそう」だそうです(;・∀・)
脂身が多いご様子なので、私は食することは出来ないんですけど・・・

昨晩外でタバコを吸っていると、その学生2人と会いました。
なんでも友達の送別会をするので来ないかと誘われたので、暇な私は参加することにしました。

マレーシア人と日本人だそうです・・・
なんだかマレーシア人も日本語を話せるそうで・・・
もう最近は、日本語しか話さなくても生きていけそうな気がします≧∇≦ブハハハハハ
スポンサーサイト
2007
02
27

束の間の休息

ツアーガイドを始めて始めての給料が近づいています。
やったツアーと掛かった費用を紙にリストして、お金を請求します。
今日はその用紙を貰ってきました。
入金が近いのに気分を良くして、久しぶりにビールを箱買いしました。

う・・・

重い・・・( >Д<;)

1ヶ月以上ぶりの箱買いなので、腰に来ますね(;・∀・)
すっかり旧正月の休みも落ち着いて、しばらく今週はツアーもなさそうなので、昼間からビールを飲んでます。
なんて幸せ(*゚ー゚)

近所のジョージにオーストラリアデーで大量に飲ませてもらったので、買ったビールをお裾分けしに行きます。
彼は、Perthから東に100kmほど(正確には97km)行ったYorkという街に家を買ったそうです。
2~3ヶ月後に引っ越すということでした。
Yorkは昨日も行きましたが、WaveRockツアーで必ず立ち寄る街です。
古い町並みを残す牧羊の街です。
タイに住むって言ってたんですけど・・・やっぱり英語がタイの田舎じゃ通じませんからね(*゚ー゚)
静かな街で余生を送るということでしょうか。

いずれにしても、仲良しのご近所さんが居なくなるのは少しは寂しいものです。
2007
02
26

日本人?

旧正月の忙しさも終わって、昨日今日と新婚旅行のカップルさん相手です。
しかし、今日のお客さんは突然の変更で1名増えてます・・・


おば様がお一人様で追加です。


しかも日本名の苗字なのに片言の日本語。
ひまわり調べのデータによると中国系ですな・・・
ウェーブロックへ向け出発と同時にずーっと話し続け”られ”ます。
私の仕事が出来ない(´;ω;`)ウッ…
新婚さんカップルは、私がおば様の話を止める間に轟沈(熟睡)してます。
私は逃げ場もなく、ただずーっと話を聞かされます。
しかも、何度も何度も同じ話・・・
新婚さんにも話をしないといけないと、会話の主導権を握ろうと試みます。
一時的に奪いましたが、話し続けるのは無理でした。
あっという間に元の状態に戻り、延々と話されつづけます。

中国との貿易の話やら、金属相場、日本の社会性、訪れた観光地、企業経営、食事のバランス、中華料理についてなどなど・・・
仕方ないので、オーストラリアならどうだとか切り返し続けます。

違う意味で疲れたツアーですが、最後にご飯をご馳走になったので許しましょう(*゚ー゚)
2007
02
24

夏の終わり

段々涼しくなってきました。
そろそろ夏も終わりになってしまいます。
そんなわけで、夏を惜しんでCottesloeの海に泳ぎに行ってきました。


一人で(;・∀・)


すっかり遊びに行く友達も居ないので、お一人様です。
Cottesloeは波の穏やかな静かなビーチですから、プールのようにモリモリ泳げます。
私は、多分50mも泳いでないでしょう。
プカプカ死体のように浮いてました。
これが結構気持ちいいんです。
仰向けになって、真っ青な空と太陽を見ながら冷たい海にプカプカ・・・(*´д`*)ハァハァ
あと何回できるんでしょう。


しかし、サーフィンしようと思っていたのに、ボードが買えません。
こっちは安いよなどと言われていたのですが、ボード自体がノーブランドで$500~、ブランド物なら$800~・・・
$1=¥100で換算すると日本と変わらんじゃないか(;´ρ`) グッタリ


ボードを持って動くなら車も欲しいし・・・
しっかり仕事で稼ぎますかね( ´Д`)
2007
02
23

旧正月終了

昨日は、ようやくマーガレットリバーへのツアーへ行き、とりあえず全部のツアーをガイドすることになります。

Mandurahというところを抜けて、Banbery、Busselton・・・
1月中旬の旅のときと殆ど一緒です。

見所は、Xanaduというワイナリーのテイスティングをして、猛禽類の保護施設で野生の鷹の餌付けショーを見ます。

P1010659.jpg


その後はMammoth Caveという鍾乳洞を見ます。

P1010667.jpg


あとは、AugastaのLeeuwin岬の灯台を見ます。

P1010669.jpg


最後はBusseltonの桟橋まで戻るというものです。
Mammoth CaveやLeeuwinの灯台、ワイナリーなどは自分では行かなかったので、いいもの見せてもらいました。
しかも、ワインの味が判らないと説明できないので、お客さんと一緒にテイスティングしたりして・・・
このツアーいいところかも(〃 ̄ー ̄〃)


ただ・・・旧正月の仕事が片付いたので、暇になっちゃうんですけどね(;・∀・)
2007
02
20

パースの現状

パースがシドニーなどより留学費用などが安いということを言われますが、強ちそうでもありません。

外食する場合、シドニーやメルボルン、ケアンズから来た人など愕然とします。
パースは値段が高いです。
最安値という意味では、「さむらい」という日本食レストランがあるので安いのかもしれません。
牛丼やカツ丼などが$4で食べられます。
大して旨くはないので、私はあまり行きませんが・・・
普通のレストランで見るとかなり高いです。

住宅も賃貸も値上がりしています。
私のアパートでも、近所の人と話していると週$10~15程値上がりするという話をよく聞きます。
1割近く値上がりするので、その差は大きいです。
私の部屋は値上がりは更新時にも言われなかったので、当分はありませんが・・・
シェアハウスでもシティに近くて$100/週以下というのは殆ど聞きません。
あるのは、バスで20分とか不便なところです。
シェアハウスによっては、バッパーに泊まったほうが便利で安いかもしれません。
といっても時期にもよりますが、週$90~120くらいが今のところの相場でしょうか。

オーストラリア全体で見ても、現在は為替が$1=94円程度です。
実際に両替する場合には、$1=100円を超えてきます。
私が来る前、昨年6月に外貨預金を入れたのが$1=84円でしたから、それから見てもかなり上がっています。

これはオーストラリアの好況に支えられているのですが、もしかしたらそれも長くないかもしれません。
不動産価格が牽引しているように見えますが、持ち家率は70%を超えているので、オージーが買ってるわけではどうもなさそうです。
恐らく、海外からの流入資金が使われているのでしょう。
しかも、こちらで長く不動産の仕事をしているオージーの話では、2~3年前に比べると住宅を販売した際の儲けが少なくなっているといいます。
そろそろ限界のようです。
住宅価格に関する法規制で、日本のバブルと同じことが起こるかもしれません。
(実際にそういう懸念が新聞紙面にものっていた)


本当に安く留学するならバブル後です。
ただ、オージーは単純なので、治安の悪化は必至ですが・・・

2007
02
19

爆弾その2

昨日はとうとうやらかしました・・・

1年に1~2回くらい大遅刻(寝坊)をするのを私は知っています。
昨日がどうもその日だったようです。
前の晩に、「自分が、でっかい寝坊することがあるなぁ」なんて思いながら寝ました。
そして昨日の朝・・・

起きると8時・・・( ゚д゚)ハッ!



昨日はやってはならない一日でした・・・
ツアーの出発時間が8時ですから明らかな遅刻です。
しかもツアー客をホテルに迎えに行くはずなのに・・・
正確には、幸いにして7時50分だったので1分で支度して、ホテルまでダッシュ。
5分でお客様をピックアップ、そこからすぐのツアー集合場所へ8時丁度に到着しました。
なんとか間に合いましたが、お客さん21名がバスで待っておりました。
なんとも気まずい・・・
全員日本人で、私がその全員のガイドなんですね(;・∀・)
私抜きにはどうしようも無い状態です。
なんとか間に合って本当に良かったです。

バタバタした感じは最初こそありましたが、滞りなくツアーは終了。
最後に「楽しいツアーをありがとう」などと言われると、朝の分があるだけにホッとしました。

まぁ、オフィスからお叱りを受けたのは言うまでもありませんが・・・
日本語ツアーガイドの場合、日本語という特殊要因もあり代えが効かないので信用第一です。
それを一人仕事2回目でやらかしたので、不信感は否めません。
やってしまったのは仕方が無いので、今後気をつけるだけです。


今年はもうない・・・と祈ってます(-人-)
2007
02
17

爆弾処理・・・失敗

初日からクレーム含みの爆弾処理をしてきました。

朝一の飛行機で来るお客さんのレンタカーのサポートということで行ったのです。

お客さんの希望されていた車種ではないということが昨日確認して分かっていました。
そもそも、今回手配したところでトヨタ車を扱ってないので、最上の解決策はないのは分かっていたんです。
それでも、交渉の準備をするつもりでちょっと早めに空港に着くと、レンタカーの受付が居ません・・・

あぁ・・・(´;ω;`)ウッ…

これはご機嫌取りと運に任せるしかないなと諦め、お客さんを迎えます。
案の定、最も危ないケーブルを最初に切ってしまったが故に、大爆発です。
希望の車種のレンタカーが借りられないと分かると怒り心頭でもう収集がつきません。
そのためにレンタカーのデスクで予め代替案を練っておきたかったのですが、それもままならずまさにサンドバックです。

レンタカーのデスク前で代替案をゴチャゴチャ話ましたが、当然受け入れられるわけもありません。

Hyundaiはイヤだ!
三菱じゃ心配だ!
トヨタがいいんだ!



だ、そうです。
別にHyundaiが壊れやすいなんて話も聞きませんし、三菱だって新車(レンタカーは大体購入1年以内のみ)なら別に壊れませんから、もう偏見です。
話も揚げ足を取られる酷い状況が小一時間ばかり続き、向こうも時間があるので諦めて乗っていきました。


我侭を通したいなら、自分で労力とリスクを背負うしかないのです。
旅行代理店なんて、どうせ自分のところで扱えるものしか提供できないんですから・・・

2007
02
16

ビックウェーブ

今日から、一緒に働いているツアコン総動員です。
今日はオフィスで10時過ぎまでみんなで準備です。
空港にお迎えボード作成やら、ツアーの準備で大忙しです。
私もこれから4連荘に備え、準備をしてきました。


日本じゃ別になんの時期でもないのに、何故この時期に忙しいのか。


答えは、旧正月ということにあります。
旧正月は、今週末(17日だか18日)なのです。
日本では中華街でお祭りがあるだけですが、シンガポールなど中国文化の影響が強い国では、旧正月は休みです。
そこに住んでいる日本人がパースに遊びに来るんです。


研修も完全にはやっていないのですが、実践投入です。
ま、お金が早く稼ぎたかった思いもあるのでいいのですが・・・

しかし、2回目にして28人の日本人を前にマイクを持って喋りつづけることになります(;・∀・)
どうも日本人でツアーバスが一杯のようなのです。
日本人だけだと英語のドライバーガイドは何もしてくれません。


何が起こるのでしょう・・・ワクワクしますね(*゚ー゚)


こういうことで期待を外さないのが私です。
何かが起こりますね(;・∀・)
2007
02
15

シェアハウスの恐怖

日本人女性は外人にモテモテという話は以前にも書きましたが、そのためにいろいろ問題にも直面するようです。

パブやナイトクラブなどで「ビール奢るよ~」なんて寄ってきて、最後は「うち行こうよ」「Make Loveする?」なんてのはざらです。
私の知っているとある女性は、オージー男性とシェアハウスに住んでいるのですが、もう悲惨です。
なんだか結婚したいとか告白されているようなのです。
しかし、様子が違います。

洗濯物を干しておくと、部屋に畳んでおいてあるそうです。
当然下着なども含まれている訳で・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
更には、毎日家に帰ると、部屋の中の物の位置が変わっているそうです。
デジカメを使おうと思ったら、場所が変わってたりするんだそうです。
プライバシーなんてありません。

シティに行くのにも、女性一人で行けるか心配だからと言ってついてきたりするそうです。
(彼女は在豪2年目だから別に心配はない)
しかも、彼はいつも9時には寝てるそうなのですが、彼女がツアーの仕事を終えて10時ごろに帰ると、「心配だから待ってた」だそうです・・・
朝も早いので、彼が車でシティのピックアップするホテルまで送ってくれるとか。
(それに乗っちゃう彼女も問題なのですが・・・)

昨日のバレンタインでーには、テーブルに花が飾ってあったそうです。
勿論、

赤いバラ

です( ´Д`)キモッ

家を出るという話をしても、逆に残るように2時間ばかり説得をされたそうです・・・
まぁ、襲ってこないだけまだましですが・・・
結局、先週末に出るような話しをしていましたが、説得されて今週末まで残るようです。


深く考えずに住むことを決めた彼女が悪いので、誰も責められないとは思うんですけど。。。

2007
02
14

義務と権利

ツアコンは知識を詰めるのが大変だという話をしていますが、悪いことばかりではありません。
一昨日は、ウェーブロックのツアーにトレーニングで参加する予定で、朝からバスが集まるところへ出向いてみました。
前日の確認で1席だけ開いてるから大丈夫ということだったのですが、いざ行ってみるととある夫婦の子供分の席がないです。


・・・行けないじゃない(;・∀・)


途方に暮れていると、TopTreeWalk1日ツアーに空きがあるとのこと。

ツアー会社の人:乗る?
私:はい

トレーニングと称して、ツアー参加です。
知ってたのですが、このツアーは日本人には人気がない(というか私の会社からは予約はない)というものです。
つまりは・・・

行っても無駄なんです(〃 ̄ー ̄〃)

先月初旬の友人とAlbanyまで行った際にも近くを通ってるのですが、全て素通りで見ていませんでした。
もう個人的な道楽半分ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

ツアーの見所は、パースを南下して、マーガレットリバーの東でダイアモンドツリーというカリーの木に登ります。

P1010613.jpg


見難いですが、この木に鉄の棒が螺旋状に打ち込んであり、これを階段代わりに60mの高さを登ります。
このあたりには他にも2本のこうした木が残っています。
いずれもブッシュファイアーを監視するために使われていたそうです。
ツアー内容は全てチェックしなければと、登りましたが・・・怖いですね(;・∀・)

もう一つがDenmarkというAlbanyとマーガレットリバーの中間くらいにある街の北にあるTop Tree Walkです。

P1010630.jpg


地上40m、400mあまりの空中散歩を楽しみ、古代より続くTingleというユーカリの森を散策したりします。
ここは入場料を取られる(ツアー客はセットになってるので取られない)のですが、トレーニングと称し、ここもフリーパス♪
バシバシ写真を撮りました(〃 ̄ー ̄〃)

その他はツアーとして寄る町々を説明するというツアーです。
かなり遠くパースから450km南、Albanyの北50km、Mt Barkerというところまでぐるーっと回ります。
私たちが3日レンタカーで回ったところを1日で回るようなツアーですから、勿論帰りは10時半・・・

タダでしかも楽しかったのですが、クタクタです。

それでも今日のウェーブロックツアーはいけそうだったので、早起きして行って来ました(;´ρ`) グッタリ
今日は、ツアー催行会社のガイドが日本人2人とトレイニー(私ではない、彼らの会社の)を連れて来ていましたが・・・

彼らはマニュアルなどがないために、知識が英語で話すドライバーガイドの内容などを覚えておくしかありません。
ろくに聞けないワーホリツアーガイドだと、和訳すらできずに変なことを言います。
あるいは、自分の古い数字を信じて、古い数字を話したりします。
(私たちのところもマニュアルはありますが、結局自分で情報を仕入れるのでマニュアルベースにやっていると変なことを言う)

ガイドもかわいそうですが、それ以上にお客さんが可哀想でした。
ツアー終盤は案の定、バスの中で話すことが無くなり、彼のトレイニーと談笑しています・・・
せめてお客さん第一に行動しないと・・・

ワーホリで経験が浅いとか、マニュアルがないとかは私は言い訳だと思っています。
知識を持っていても、ツアー内容を知っていても、経験をどんなに積んでも、最後に喜んで帰ってもらう(曲りなりにもお金もいただいているので満足は必要)ために、どんな形にしたらいいのかを考えて、それを遂行しないといけないはずです。
つまりは、ツアーの中でお客さんに残すストーリーを組めない人はダメです。
ちゃらんぽらんにやって、出来てると思っている人たちには申し訳ないですが、お金を払う価値は全くありません。

ツアコンはトレーニングと称して、いろいろなところに行くことができます。
それはしなければならないことへの準備なはずです。

義務と権利・・・

というわけで、次はマーガレットリバーのツアーでも行って見ましょう♪
2007
02
11

不思議なコラボレーション

いろんなものがコラボレーションと称して合体してますが・・・
携帯電話もミュージックプレイヤーやテレビと合体、パソコンとテレビ、ロックとラップ・・・

しかし、個人的な流行はこんなコラボです。
(削除されたらあしからず・・・)



≧∇≦ブハハハハハ



テーマソングがセイント聖矢に・・・

YouTubeで”Mad Anime”と検索するとこんなのが出てきます(〃 ̄ー ̄〃)
2007
02
09

ツアコンデビュー

今日はピナクルズ4WDツアーに行ってきました。
一応テストということで、先輩ガイド32歳と一緒に回ります。
お客さんは、ゴールドコーストで結婚式を挙げてきた出来たてホヤホヤ新婚夫婦。
歳は同じくらいの20台の後半か30台前半というところでしょうか。

ツアーはお客さんとも円満に楽しいツアーを提供出来ました。

先輩ツアコンと反省会を兼ねて一杯飲みました。
指摘は、ドライバーガイド(英語で説明している運転手兼ツアコン)とのコミュニケーションをもっと見たかったということと、ピナクルズの説明をメインイベントなのでもっとネチネチ喋ったほうがいいといわれましたが、全体的には問題ないとの見解です。


そりゃそうでしょう。


こちとら、伊達にサラリーマンで揉まれてきた訳ではありません。
個人的な反省としては、細かい数字を思い出せないときにそのネタを話せないことがあったことで、かなりネタをロスしてます。
ウンチク王への道は遠いですね。

しかし、今日のお客さんのように海外1週間も旅行していると面白い質問をされます。

「今、日本では何が起こってるんですか?」

いい質問です。
知らないと言えないんですね。

何せ私・・・日本に居るときと情報ソースが変わってません。
Yahooと日経のWebサイトをいつも見ていましたが、ここでも見ています。
インターネットのお陰で、浦島太郎ぶりはかなり低減されていると思います。(テレビの内容は知らないですが・・・)

ちなみに、The West Australian(西オーストラリアの新聞)、ABCと9news(どちらもオーストラリアのテレビ局)のサイト、VOD(Video On Demand)、PodCastも毎日見ています。
こっちがツアコンやこっちの友達との会話のネタです。

2007
02
08

ツアコンデビューか?

ツアーを受け付けてるオフィスから連絡で、急遽明日ピナクルズ4WDツアーのテストを受けることになりました。

テストといっても、ツアーで普通にお客様をご案内して、ちゃんとできるかチェックするというものです。
ただ、空席がないとチェックする人がツアーを受け持つことになるので、期待薄です。
来週あたりから、旧正月で中国系の人々が来るのでそれまでにデビューをしてしまいたいのですが・・・

というより・・・

早く金くれ( ゚д゚)ホスィ…

2007
02
07

日豪軍事同盟が結ばれる

Pod Castで2月5日のnational nine news(オーストラリアのテレビ局)を見ていると、ハワード豪首相が3月の訪日時に日本と軍事的な合意をする予定だということがやっていました。
これに関連して、中国への配慮でダウナー外相が、テロ対策やら災害援助に向けたもので中国への脅威にはならないだろうという話をしています。
APP

これがオーストラリアで関心を呼んでいるのは、日本にとってアメリカ以外の初の軍事的な協定になるということ、そして日本の部隊がオーストラリアでの演習を可能とするというところです。

自衛隊が海外での演習が出来るよう法改正が行われてから、昨年末のペルシャ湾での軍事演習への参加や、今回のオーストラリアとの協定など自衛隊は、海外への派兵の回数を増やすことになることは間違いありません。
現在までのところ、戦闘行為に至るほどではありませんが、そうしたことになるのも時間の問題のように思われます。

久間章生防衛大臣(省に格上げしたので、(国務大臣)防衛庁長官ではなくなった)が米イラク政策を批判するなどということもありましたが、日本は日米同盟のみの状態から脱却していくのは間違いなさそうです。
2007
02
06

懲りない就職活動

ツアコンを始めて今日もツアーにトレーニングで参加してきましたが、その他にもまだ懲りずに就職活動をしています。
ワーホリではプロジェクトに入るような仕事は無理だというのは、十分分かりました。
今度は、カジュアルテクニシャンというものがあったので応募してみました。
内容は、PCサポートやらインストールやらを社用車(バン)に乗ってグルグル回るというものだそうです。

月曜日に電話すると、テクニカルスキルのテストをするということで、その日のうちに先方の会社でテストを受けました。
PCのハード系の質問や、SCSI、RAID、XPについてなど、PC周りの質問が並んでいました。
うーん。

もう、XP周りのことなど覚えてはいません≧∇≦ブハハハハハ

それでも6割くらいの点数を取って、その後にボスのインタビューです。
レジュメと先日までWebサイトを作成していたところのリファレンス(推薦状)を渡しました。

感触としては悪くありません。

日本人をワークエクスペリエンス(現地企業での労働体験)で受け入れたこともあるらしく、日本人の私に好印象を持ってもらいました。
レジュメの経歴も「この仕事には高すぎる」と言われ、月曜しかないけど他の仕事してどっかにいくことはないかと心配されるほどです。
オーストラリアで運転できる免許を持っているか、運転したことがあるかなどかなり実務的な質問をされました。
一応、まだ選考が始まったばかりなので、二次選考については今週末には連絡すると言われました。

やれると嬉しいんですけどね(〃 ̄ー ̄〃)

ついでに・・・
その日の夜に、家に帰るとアンドリューが勤める会社(Webサイトを作成したところの人に紹介してもらった)から不採用との手紙が来ていました。
不採用の通知でももらえると、ちゃんと仕事をしてるんだなと信頼できますね。


まだまだ仕事探しは続きそうです(;´ρ`) グッタリ

2007
02
05

ツアコン

今週は実際のツアーに参加です。

先週までは、今週日本語ツアーが催行される予定が無かったので、英語のツアーに参加するつもりだったのです。
ところが、今日オフィスに行ってみると、あるではないですか・・・
やっぱり日本語ガイドが何するのかを見ないと、どうしても仕事のイメージが湧かないのと、どのレベルまで知識を覚えなきゃいけないのかが分かりません。
願わくば全部なのでしょうが、最初からは無理です(;・∀・)

ピナクルズとウェーブロックのツアーをとりあえず担当できるようになるというのが、与えられた当面の課題です。
それぞれレンタカーで訪れていますから、どんなところとかは分かっているのです。
一番の問題は・・・

長距離の移動中を如何に話し続けるか

です。
ピナクルズは比較的近いのと、周囲に説明できるものがポロポロあるので、ウンチクを垂れていればいいらしいのですが、ウェーブロックは過酷です。
数時間、ひたすら小麦畑しかないので、途中で話すことがなくなってしまうのです。
こっちのツアコンもやりたがらないと聞きます。
しかも、今所属している会社は、そうした資料類を持ち出し出来ないために、家でゆっくり見ることもままなりません。


しかし。。。
日曜まで泊まっていた彼は、実はツアコン(別会社)だったのです。
というわけで、マニュアル、資料、その他小物を一式全部いただきました(〃 ̄ー ̄〃)
彼のやってたところのほうが、マニュアルが催行会社別のポイントなどもあり、かなり充実しています。


ただ、こんな資料を貰っても、細かい数字を覚えられていない今の自分にがっかりするのですが・・・


飲みすぎですかね?(´Д⊂グスン
2007
02
02

灼熱地獄

ι(´Д`υ)アツィー

(;´ρ`) グッタリ

夏生まれの私ですが、暑いのよりは寒いのが好きです。
冬なら着込めばいいですが、夏は裸になってこれ以上脱ぐものが無くても熱いですから・・・
しかも汗かきなので、ダラダラ汗をかくのも嫌いですし・・・

今日も41度。
多分シティに住んでいる私の家はもっと熱かったと思います。
しかもなんだか湿気があります。
周りのオフィスでクーラーをガンガンかけて、湿気を外に放出してるからでしょう。

しかし、部屋を涼しく保つ方法があります。

太陽をシャットアウトするのです。


私の部屋の場合、アパートの3階で午後1時から午後7時までずーっと太陽が当たり続けるので、夜まで熱気が篭ってしまいます。
朝から日が入らないように、ブラインド、カーテンを使って日が部屋に入らないようにします。
レンガ造りのアパートですから、外気の熱を遮断してくれます。

内部の熱も窓が少ないので逃げにくい私の部屋では、まだこれだけでは不十分です。
部屋の温度を上げないように、熱を発生させるものは極力排除です。
PCを使うとかなりの熱量を発しますし、プリンタ、ADSLルーター、ありとあらゆる電化製品が対象です。

そして人間も居るだけで暑くなるのです・・・

仕方ないので、ビーチに涼みに行きました(;・∀・)
こんなに暑い時期でも、海の水は相当冷たいので、海風が涼しいのです。
黒いアスファルトより白い砂浜のほうが太陽光を反射して熱も篭らないです(*゚ー゚)
ただ、お陰でまた焼けるんです。
どんどん日本人ではなくなってる気がします(;・∀・)


それでも夜の安眠のためには仕方ないのです(~ρ~)


2007
02
01

魚好きのイタリアン去る

昨日エディの送別会をしてきました。
といっても二人で飲んだだけですが・・・

彼はここに永住したかったのです。
しかし、Visaも切れるので帰らなければなりません。

彼が狙っていたのはSkilled Migrationというもので、永住権を獲得するというものです。
基本的には、職業、経験、英語力、年齢などのスコアが設定されていて、これの合計点が100~130点以上で取得できる制度です。(年度によって変わっている)
その他にも、住む地域などによってもスコアに加点があるなどという話も聞きますが・・・

彼は医者です。
医者の場合、IELTSで7.0以上のスコアがないと難しいと言われたようです。
しかも、学校のレベルアップテストも韓国人の友達曰く、「彼にカンニングされた」みたいなので、真面目に勉強してません(´;ω;`)ウッ…

大学などを卒業して、永住権を取れるという方法もあります。
私立大学(UWA以外は全部)とTAFE(ドイツのマイスター制度に似た職業訓練学校)など年間100万円以上ですから、4年とか通うにはかなりの準備が必要です。

もう1つ思いつくのは「オージーと結婚」です。
しかし、彼曰く・・・

オージーはクレイジーだから無理

ふと私も思い出しました。
スリランカ系オージーに、オージー女を探してるのかと聞かれ、私が即答したのは・・・

オージーはレイジーだから無理

”ク”が入ってないだけですが、どっちも真なのです。
こっちで良くいう表現ですが、こんなことが密かに言われています。

Aussie
Lazy
Crazy

韻を踏んでるのがまたなんとも言えませんが・・・
別に日本人だけの間で話されているわけではありません。
英会話学校の講師もこんな話をしてました。

”オージーはアメリカン以上に牛を食うんだ。
だから、オージーは牛みたいにでっかくレイジーになっちゃうのは仕方ない。”

オージー自身も認めちゃってます(;・∀・)
でっかいというより、普通にデブなんですけどね・・・
(オーストラリアは世界第2位のデブ大国。1位は勿論資本主義の申し子、消費大国アメリカ)

いずれにしても、彼と私の意見はよく合います。
歳が近い所為か・・・
彼も私も魚好きだからか・・・


また彼ともどこかで飲みたいものです。

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。