上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
03
30

役得のはずが・・・

今日はSwan川ランチクルーズに逝って参りました。
研修と称したタダ飯ですね♪

内容は簡単で、ランチ食いながらとあるワイナリーに行ってテイスティングして帰ってくるだけの半日ツアーです。
どうせ説明することも殆どない簡単な仕事なのですが、今日は一味違いました。

食前酒にお客様の老夫婦に白ワインを注ぎ少し飲んでもらいました。
その後、ビュッフェスタイルの食事を各自取りに行きます。
私はお客様の後に従って、食事を取っていました。
食事自体は、前回のディナークルーズとほぼ一緒です。
ローストビーフがないだけの違いでした。
米を皿によそっているときでした。
突然後ろに寄りかかってくるものがありました。

なにすんだよ( `_ゝ´)ムッ

皿のお米が飛び散ります。


後ろをちょっとした怒りとともに振り返ると、奥さんが仰向けに私のほうに倒れてるではないですか!!!


全体重が私の後ろに掛かっています。
みんな慌てて支え、旦那さんも皿を近くに置いてすぐ支えます。
びっくりです。
たった1杯の白ワインで昇天された方を初めて見ました。

私が居なかったら奥さんはビュッフェの料理が並ぶ机に頭から倒れ大惨事になってました。
よかったよかったとおもいつつも・・・


給料もらえないんですよね・・・
研修だから・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

スポンサーサイト
2007
03
30

9.9GB・・・(;・∀・)

ADSLを無制限の契約にしていますが、ダウンロード量が10GBを越えると1.5Mbpsから64kbpsになるのだそうです。
気にしつつ使っていたのですが、今月は銀○英○伝○をYouTubeで見てしまったが故に激しく浪費しておりました。
しかも頭○字Dのテレビシリーズを見つけてしまったが故に、見たくて仕方ないのですが・・・

やっぱり@2日・・・遅くなっちゃうんでしょうか(´;ω;`)ウッ…

高速インターネット網を作ろう的な発言が、オーストラリアの政治家(野党のラッドさん)やらTelstraの会長さんやらが話しています。
話しているだけなので、導入されるまでには時間が掛かるでしょうね。

そんなことよりも・・・

従量課金をやめるべきだと思いますけどね。

こちらの電話の市内通話は、接続時に課金されます。
接続時間に依存しないので、いくら話しても変わらないんです。
これはダイアルアップ接続も同じです。
寝るときに大きなファイルのダウンロードを開始しておくとか、そういう使い方をしてたようです。
ADSLの場合、スピードが売りなのでネットサーフィンなどでストレスなく見られればよいという感覚だそうです。

今のところ、インターネットでのビジネスが発展している他の国に比べて遥かに遅れた国になっているのは従量課金など利用に制約があるからでしょう。

パースでは、経済の牽引役は建築と鉱床、鉱工業ですから、インターネットを使ったビジネスのように頭使って稼いでる人なんてそうそう見かけません。
資源という名の家財道具を売って食いつないでいるだけなんですけどね。
それに気付いて危機感を持ってる人がいないんです。

ま、今パースはバブルですからwwwwwwww
2007
03
28

やっと・・・秋

ようやく30度を越える暑苦しさから開放されました(〃 ̄ー ̄〃)
きっかけは一昨日の雨・・・

一昨日はMargaret Riverのツアーに行っていたのですが、最悪です。
お客さんは半袖半ズボン。
パースから南に300km行くから、日本で言えば北に300km。
川口ICから仙台くらいが丁度そのくらいでしょうか。
まぁ、寒くなるんです。

しかも、雨・・・

日が陰ると途端に寒くなります。
朝方の気温は9度くらいですね。
風が少し吹いてるので、体感温度はもっと低いですね。

最高気温は22度といわれていますが、風は冷たく体感気温はもっと低いです。
いきなり残暑が終わって、秋という感じです。
サイクロンが近づいてる所為で風雨となったようです。
こちらの雨の日の特徴ですが、嵐のような風とスコールのように短時間に降る雨・・・
いつもならヒンヤリするMammoth Caveが、風がない所為もありますが、外より温かかったです。

お客さんはワインも飲まない奥様と子供でしたから、雨の中で楽しんだのは悪天候と・・・

長距離ドライブだけ

ですね(;・∀・)
見るものが見られないときには、仕方ありません。
車内で、私の見事なトークで奥様のハートをがっちりキャッチでございます(・∀・)モエッ

ツアーがあるので今朝も朝6時に起きました。
眠いなぁと思いつつ、シャワーを浴びているとふと気付きます。


DSTって昨晩で終わりだ(;・∀・)

DST=Day Light Saving(サマータイム)

ということは、×6時起き→○5時起き・・・
なんて勿体無いことをしたんでしょう。゚(゚´Д`゚)゚。
朝7時頃まで最近は暗いですから、DSTと称して早起きを強要されてたのか?

そう言っても仕方がないので、家中の時計の時間あわせをしました。
WinXPは西オーストラリア州用の日付パッチを導入してるので大丈夫です♪
日本の携帯は今でも持っている(つまりは繋がる)のですが、こいつの時間をどうやって変えたのか思い出せません。
うーん。
日本用のだから日本時間でいいかとも思いつつ・・・
急遽できた暇で、久しぶりにゆったりブログも更新できました。
怪我の功名ですね(〃 ̄ー ̄〃)
しかし、導入時みたいに昼過ぎまで気付かないということがなくて良かったですよ。。。ホント。。。

DST。
是非日本には導入しないで欲しいです。
2007
03
24

やっと・・・

残暑も終わり、今週から最高気温が30度を切りました。
朝晩は涼しくなり、半袖短パンでは寒いくらいになりました。
お陰様で、ツアーでピナクルズやらウェーブロックに行っても、お客さんがばてることもなく、快適に見て回れるようになりました。
ある意味、これからの時期が観光地を巡るベストシーズンかもしれません。

北のほうのブルームやダーウィンは雨季真っ盛りなので、毎日のように嵐です。
もうしばらくすると乾季に入りますから、その頃がベストシーズンでしょう。

沢山観光客が来ると私も仕事があって潤うのですが・・・(〃 ̄ー ̄〃)
2007
03
21

漢力検定

某知人のサイトで掲載されていた「漢力検定」なるものをやってみました。



何でしょう・・・
この微妙な数字は・・・
新米ツアーガイドは、昔IT系の会社に居ただけで、今日もオフィスから無理難題を申しつかっております。゚(゚´Д`゚)゚。

ことの発端は、オフィスにインターネットのできるPCを入れるので何か他にないサービスを・・・みたいなところです。
それで出たアイディアが、オフィスに設置するPCで日本のテレビを見たり、録画できたらいいよねと言われたのです。
こっち系は専門ではないですが、録画(=複製)は著作権法に思いっきり抵触するので無理だろうと分かるのです。

調べてみると、どうもこういうことのようです。
仮処分の判例によれば、「日本にある自分のPCやらデータサーバを経由して、海外の自分のPCなどで視聴、録画する」のは”今のところ”問題が無いようです。(仮処分なので今後は分からない)
「自分が所有する機器」で行われる場合には、「私的利用」ということなのでよいとの見解のようです。
勿論、通信上は著作権を保護する仕組みを用意しておかなければ、通信中の著作権侵害を及ぼす恐れがあるので、違法性を問われることになります。
これが機器を一時的、あるいは一定期間賃貸する形式だとこれはこれでカラオケと同じように著作権料をを賃貸者側に著作権料を支払う義務が発生します。

VODやインターネットTVなども著作権の使用許諾が日本国内に恐らく限定されているのでしょう。
海外からのアクセスは出来ません。

日本における著作権は昨今のWinnyの判決でもあるとおり、保護強化の傾向にあります。
YouTubeも著作権管理機能を強化するという記事もありましたし、規制の強化が進んでいます。
思い返せば、2000年頃まではインターネット上では規制がそんなに厳しくなかったのです。
利用者の急増が危機感を煽ったのか、その頃から規制が厳しくなったように記憶しています。
あの頃は、普通にやりたい放題でしたよ(´-ω-`)←遠い目
だから規制されたというのもあるのでしょう・・・( ゚д゚)ハッ!

しかし、こんなに調べてお金にならないとは、ここはつくづく面白くないところです( `_ゝ´)ムッ
サラリーマンの良さはこうした地道なところもお金が出るところだなとつくづく思います。
2007
03
21

母帰宅

東京は開花宣言が出されましたが、こっちはまだまだ夏模様です。
いつになったら秋になることやら・・・(;´ρ`) グッタリ

そんなまだ暑さの残る中、母を空港まで送ってきました。
無事日本への帰路に就きました。

こっちに来るときに大量の食料を持ってきて、預ける荷物の制限25kgを400gオーバーしたのを許してもらってきたのですが、帰りは27kg・・・
来たときよりも重いじゃん・・・( >Д<;)オモー

何がそんなに重くなったんでしょ?
ワイン1本とチーズとかではそんなに重くはないと思うんですが・・・(;・∀・)

今は、液体やジェル状の物を機内に持ち込む場合に規制がかかっています。
恐らく、内容物が可燃性の危険物質を入れられる場合があるからだと思いますが・・・
100ml以上の物は、スーツケースなどCheckIn時に預ける荷物に入れる必要があります。
100ml以下でも、手荷物の中で1リットルのビニールバックに入れ、口を閉じなくてはいけません。
母の場合、口紅をこれに入れることになってました。
これは成田からもそうでしたが、パースからも同じです。

これから空の旅をされる方はご注意ください。
2007
03
18

夜景クルーズ

昨日のディナークルーズはこんなでした。

7時半に出航して、シーフードとワインから始まります。
丁度、この時期は8時くらいに日没なので、最初はサンセットディナークルーズという雰囲気です。

スワン川を南下してMosman Parkのあたりをクルーズします。
段々日が沈んでくると、サウスパースあたりでしょうか?
花火が上がっていました。
花火を見ながら食事・・・贅沢です♪

メインはビュッフェスタイルです。
料理もワインも特上という訳ではありませんが、美味しいものでした。

オージーに人気のクルーズで、日本人は私たちしか居ません。
それが故に日本のディナークルーズとは一味違いました(〃 ̄ー ̄〃)

年配の人が多いのですが、酔いが進んでくるとピアノの生演奏からダンスミュージックに変わります。
幅広い年代のダンスミュージックが流れ、おばちゃんたちが踊り狂ってます(;・∀・)
P1010737.jpg


母も私も踊りましょうよ~などと誘われましたが、苦笑しかできませんでしたが・・・
給仕していた船員さんも歌ったりして、もうノリノリです。

9時ごろにパース市街地の前を通り北側はBurswoodのほうまで行きます。
P1010735.jpg


夜景という意味では、平日のほうが綺麗ですね。
”働いてる人が居るんだな( ̄ー ̄)ニヤリ”という優越感にも浸れますしねΨ(`∀´)Ψケケケ

なんにしても楽しいディナーでした(〃 ̄ー ̄〃)
帰ってきたら母と二人で食べすぎ、飲みすぎで苦しかったですね。
2007
03
18

St Patrick Day

日本じゃアイルランド国交50周年を記念して、東京タワーが緑色になったそうです。(記事

17日のSt Patrcik Dayにちなんでということですが、オーストラリア自体の祝日ではありませんが、西オーストラリアではちょくちょく横断幕などを見かけます。
イギリス系の人口が20%ほどのためでしょうか、アイリッシュパブだからでしょうか・・・
クリスチャンじゃないので、結局飲んで終わりなんですけどね・・・
2007
03
17

ダラダラ・・・

ここ3日・・・母と二人で何するわけでもなくダラダラと生活しています。

1日目:
空港から帰ってきて、街中をフラフラ散歩
家で昼寝
息子特性の食事とビール

2日目:
私がツアーで居ない間に、美術館へ行きそのほか街を散策

3日目:
フリーマントルで一日ダラダラ
昼にFishing Harborのお店でシーフードBBQを食べながらビール
公園でうたた寝
夜までダラダラ街を散策
夕食にLittle Creature(フリーマントルの地ビール)の工場でChilli Mussels(ムール貝のトマト煮込み)とビール

4日目:
Subiacoマーケットでお買い物
1時間も炎天下でバスを待つ
家でお昼寝
・・・

ここまではダラダラ生活です。
しかし、このまま帰しては来た甲斐がないってものです。

ガイドの特権を生かして、Captain Cook Cruisesの夜景ディナークルーズを”格安”で手配させていただきました。
これから行ってきます( ̄ー ̄)ニヤリ

やはり車がないと多くの場所にいけないので、明日から借りるように手配しました。
これからが観光といった感じですね。

もっとも、母としては


花粉から逃げてきただけなのよ


だそうです。
私としては、その言葉を聴くとここから帰りたくない気持ちが芽生えますね(;・∀・)
2007
03
15

鰒って・・・

母の一人旅は普通に終わってました。
私のツアーも普通に終わって面白くもないので、今日は別の話です。

午後のティータイムに母と2人でサウスパースの船着場に行きました。
私たちの前を歩く白人男性とその母親と思しき人が船着場にあるカフェに入っていきます。
男性の背中には「SAPPORO鰒」の文字・・・
漢字の入ったTシャツやタトゥーは海外で今も人気ですが・・・

なんて読むんでしょ?

河豚?
右側が”ふく”って読むよね~。
たら?それは鱈か・・・
コノワタ?

うーん・・・

母と知らないねぇなんて話をしていて、結局分からずじまい。
家で調べてみました。

河豚(フグ)、または鮑(アワビ)と読むそうです。
音からの当て字で、恐らく河豚と読むのでしょう。
特に、九州などでは縁起を担いで、福と掛けて「フク」と読むそうです。
中国では「アワビ」の意味で使われるそうです。
中国では、鮑の文字はトイレットペーパーを意味するそうです。

しかし、ティータイムに食べたチョコレートムースのケーキは私たちには甘すぎでした。
二人で胃もたれして動けませんでしたから・・・
2007
03
13

母上陸

今朝の便で、母が到着です。
初めての海外一人旅です。
といっても、何回も海外に行ってるので全く問題ないのですが・・・
大量の食材と一緒です。
醤油、みりん、ソース、米、味噌汁の素、ダシの素・・・
お陰でスーツケースは25kg。
重たい荷物でした。

しかし私は明日、ピナクルズのツアー・・・
オフィスも鬼ですね。
来るって言ってあったのに仕事を入れてきました。
お金もないので断れないのですが・・・

明日は母の大冒険の日ですね(〃 ̄ー ̄〃)
2007
03
12

重い歴史( >Д<;)クッ クルシイ・・・

11日に来日したハワードさん(豪首相です)。
明日にも安全保障関連の協約を締結するとオーストラリアのニュースはしきりにやっています。
以前にも書いていますが、日本の自衛隊がオーストラリア国内での軍事演習を可能にするというものです。
2国間ではなく、米軍との3カ国強調での軍事演習などが主体と話をしています。

日本のサイトではYahoo、日経では取り上げられてないですね。
特に日経のは記事が削除されてました。
毎日のがまともですかね。(これ
ちっちゃい・・・

オーストラリアが何故この件にセンシティブかというと、中国との関係強化を考えているということだけにとどまりません。
確かに、今の好景気、特にパース界隈の経済を支えているのは、中国の金属需要に因るところが大きいです。
オーストラリアの大半の鉱物資源を産出しているのは、西オーストラリア州ですから、疑う余地はないのです。
経済規模の拡大に伴って、海外旅行へ出る中国人も多くなっています。
(中国人は、オーストラリアに観光であればビザなしで入国できるようになった。日本人はETAなりでビザを取得する必要がある。)
観光資源の多いオーストラリアとしては、重要視しているところはあるでしょう。

しかしながら、それより大きいのが過去の大戦の歴史に因るところが大きいように思います。
第二次世界大戦では、オーストラリアは日本軍による侵攻により本土への攻撃を受けた歴史があります。
北の地、ダーウィンやブルームは日本軍の空爆によりほぼ壊滅状態まで追い込まれましたし、シドニーでは特殊潜航艇による客船の破壊などが行われています。
1月頃にはシドニー湾を攻撃した特殊潜航艇による進入に関するテレビ特番がやっていました。
実際に潜行していた日本人のおじーちゃんがインタビューに答えていましたね。
オージーの日本人に対する感情は、少なからずこうした番組や報道の影響などを受けてセンシティブになっているように思います。

過去は過去なので、気負っても仕方がないです。
二国間の友好関係が続くことを期待しましょう。
2007
03
11

誰でも考えるもの(下ネタ)

下ネタが許せない方はこの記事は無視してください。
Read more...
2007
03
11

Vol.1 Mt Baker(Great Southern)

ここ西オーストラリアでは、オーストラリア国内の5%程度を生産していますが、高級ワインに限ってみると、その30%にもおよびます。
つまり、いいワインしか造っていないんです。
そんないいワインを産地ごとに紹介して行こうと思います。
ご紹介したワインは購入できます。
(日本への発送しかできないのでオーストラリアの方はご容赦を・・・)
ご入用の方はご連絡ください。

第1弾は、Mt Bakerにしましょう。
Mt BakerはPerthの南450km、Albanyの北50kmの街です。
先月の1月中旬にここに何気なく立ち寄りました(1月の旅行記)が、ここは実はいいワインの産地だったんですね。
このときは、Stirling山脈のSpringviewというワイナリーに立ち寄っています。

今回ご紹介するのは、Plantagenetというワイナリーのワインです。
Mt Baker地区でも最も古く、最も規模が大きいワイナリーです。
このあたりのワイナリーはオーク樽を使った製法など最新のワイン醸造法を取り入れた斬新なものが多いそうです。
また内陸部特有の寒暖の激しさなど厳しい環境で育っているため、赤ワインに含まれるレスベラトールという酵素の量が多いことも特徴の1つでしょう。(記事:赤ワインを飲もう!
つまりは健康にいい赤ワインが買えるのはこの地域のですね♪

そのPlantagenet社が、Omrahというブランドで生産している3本をご紹介します。

★Plantagenet Omrah メルロー・カベルネ
価格:¥2,216
所謂、フレンチワインの混合で王道を行く赤ワインです。
オーク樽を使って醸造しているため、フレンチワインにないスパイシーな味わいがあります。
田崎真也氏も「コストパフォーマンスに優れたワイン」として紹介したことがあるほどです。

★Plantagenet Omrah アンオークド・シャルドネ
価格:¥2,216
オーク樽を使わず柔らかな味わいに仕上げた白ワインです。

★Plantagenet Omrah シラーズ
価格:¥2,216
オーストラリアらしいという一言に尽きる赤ワインです。
オーストラリアで栽培されるブドウの半分がシラーズと言われるほどの代表的ブドウ品種です。
味もカベルネなどに比べてスパイシーさ、酸味がありすっきりとしたワインです。
2007
03
08

灼熱の空の下

今日も元気に”仕事で”ピナクルズに逝ってまいりました(>Д<)ゝ”

あついっす・・・
パースで42度・・・
その暑い中・・・

なんで砂漠(´;ω;`)ウッ…

死ぬほど暑い砂漠の中を、2kmも散歩です。
お客さんも最初は元気にはしゃいでましたが、帰りはほぼ無言・・・
そりゃそうでしょう。

今日のツアーは、一家4人と新婚カップル2人の予定だったのですが、昨日突然1人追加になりました。
今朝会ってみると・・・


ドイツ人


一家4人のところで仕事をしていたことのあるドイツ人だそうです。
今、パースに住んでいるということで、一家に会うついでツアーに来たのです。
でも、担当ガイドの私は日本人です。
日本語で最初ガイドしていると、やっぱりダメらしく・・・
仕方なく英語で彼にだけガイドします。
しかも、彼は英語も難しいのはわかりません。
今日は別にドイツ人ガイドも乗っていますが、彼のお客ではないので説明などしてくれません。(当たり前)

ドライバーのMaxも初めてでした。
彼が分からないことも多々あるので、サンドボードの乗り方講座とか英語でイロイロやらされる羽目になりました。
金にもならないのに・・・(;´ρ`) グッタリ

挙句、明日もピナクルズに行って来ます。
午後4時に明日の話を急に依頼されました(´;ω;`)ウッ…
お金も欲しいし、暇なので断るわけにもいきません。

みんな暑さでやられたのでしょう・・・
明日は少し涼しくなって29度だそうです。
普通の一日であってほしいです。
(こういう話のほうがネタにはなるんですけどね(;・∀・))
2007
03
07

現在30度・・・

今日も灼熱地獄です(;´ρ`) グッタリ
昨日のニュースでは、3月の最高気温42.3度に肉薄する42度を記録したそうです。
今晩も熱帯夜ですね。
30度を超えています。
レンガ造りで窓の配置が悪いので、室内温度は更に高いと思います。
体温より高い気温にすっかりバテてます。
料理で火を使いたいと思わないくらいです。

明日も40度の予報ですが、ピナクルズに行くので恐らく45度は堅いですね。

話は変わりますが、ツアーで車内販売しているワインをこのサイトで紹介して、売ってよいように話を貰いました。
こっちのワイナリーで買うよりも安いのでお得です♪
暑いので情報を纏めたりしていませんが、近日中にでもご紹介しますね。
2007
03
06

羨望の眼差し

雨が降って涼しくなったと思っていたら、まだまだ残暑は厳しいようです。
一昨日、昨日、今日と40度を越えています。
そして明日も明後日も(;´ρ`) グッタリ
雲一つない快晴・・・
アスファルトの照り返し・・・
アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

部屋に居るだけでも咽喉が渇いて、2Lの水を消費してます。
冷水を買っていては経済的に持たないです。
何せ600mlのペットボトルは$2~、1.8Lのペットボトルで$3~・・・
日本よりも高いんですから仕方ありません。

この間の飲み会にいたスイス人と話をしましたが、ヨーロッパの人にとってはオーストラリアは安いそうです。
高卒で事務をしていて、40万円くらいの給料を貰って、15万円は家賃に使っていたそうです。
日本から比べると全般的に2倍くらいでしょうか・・・

今ではヨーロッパの給料を貰って、別の国で生活するのが一番いいのかも知れません。
2007
03
05

Laybor Day

今日はLaybor Day(勤労感謝の日みたいなもの)でオーストラリアの祝日です。
土日を合わせて3連休になっています。

この3日間、うちの前の公園(Langley Park)では、各地から集まった小学生の野球大会が行われています。

P1010679.jpg


日本人にとっては野球というと普通に聞こえます。
しかし、オーストラリアではちょっと驚きです。
何せ、こちらでは野球はプロすらありませんし、クリケットのほうが人気がありますから。
ご近所の日本人のところに泊りに来ていたおねーさま(私より年配の女性)曰く

あの肩でレフト守っていいの?!

ホームへの返球どころか内野まで届かないからそう言ったのでしょうが、いいんだと思います。
そもそも野球人口が少ないので、教える大人で戦略というかを理解している人も少ないでしょうし、そもそも子供のスポーツに関しては伸び伸び自由にやらせるので、日本の戦略や戦術を徹底させるやり方はここにはないのでしょう。

ついでに、近くにあるコンサートホールでは、アートギャラリーが開かれています。
うちの近所だけ人が多いと、普段、休日が静かなだけに違和感がありますね。
2007
03
04

日本語ばっかり・・・

昨日は、ご近所の日本人に誘われてこっちに住んでいる日本人がたくさん集まるパーティーに参加してきました。

1人が日本に帰るということで集まったのですが、30人くらいでしょうか。
日本人が殆どで、マレー人、スイス人、中国人が1人ずつ混じっている感じでした。
スイス人とかなり話をしていたので、私自身は英語が使えてよかったなぁと思いますが、その他は日本語。
本格的に日本語しか話してませんね( ; ゚Д゚)


霧島(芋焼酎)、巻き寿司、牛タン、たこ焼き・・・
久しぶりの日本の味に満足でした(*゚ー゚)


主役は酔い潰れて、倒れるわ、その場で吐くわ・・・
若い時の飲み会という感じでしょう。

まぁ、楽しかったので良しとしましょう。
2007
03
02

引籠り

ここ数日仕事もなく、やる気も出ないので家でゴロゴロ。
自分で言うのもなんですが、ビールを飲みながらいいご身分です(〃 ̄ー ̄〃)

家で何をしてるかといえば、リアルでサーフィン出来ないので、ネットで我慢というところでしょうか。
いつもの情報収集をしたら、YouTubeでイロイロなものを見つけては、楽しく視聴しています。
某漫画のテレビシリーズなどがアップされていたりします。
著作権法に違反しているように思いますが、米国サイトが故に中々取り締まれないんでしょうかね。

ところがインターネットテレビのGAOは、オーストラリアから見られません。
国外のIPから接続されるものにフィルターをかけています。
もっとも、1.5Mbpsでしかも10GBのダウンロード制限とあっては見られてもたかがしれてます。
YouTubeの動画でも、毎日大量に見ていると1日1GB以上は軽く行きます。

日本ではダウンロードの量など気にしたことはありませんが、ここでは深刻です。
私の場合、10GBを超えると料金が課金されることはありませんが、128kbpsに速度が落ちるのでメールを見るのも苦労することになります。
10GBはさすがに行くまいと思ってましたが、動画ファイルを見るとやはりあっという間に行きますね。
とうとう、YouTubeでテレビシリーズ物を見つけた先月は9GBを超えました。
今月も2日で3GB近く・・・
自重しなくてはいけないようです。

ADSLは未だに1.5Mbpsが主流で、先月TelstraのCEOが早いADSL回線を準備するという話がニュースに載ってましたから、まだまだ一般に普及するには時間がかかります。
ADSL2+なるもので24Mbpsのサービスをしているところもありますが、昼間1GB、夜間1.5GBのダウンロード制限など掛けられています。
まだまだオーストラリアにはIP電話や映画配信(レンタル、売買)など「ネットワークをインフラとしたサービス」を展開できる時期は来ないようです。

別の観点で見ればある意味健全なのかもしれません。
制限のないネット環境は、娯楽の少ないこの国ではネットジャンキーになる危険性が高いと思います。
もっとも、そうなるのは個々人の理性と嗜好にも掛かっているのですが・・・

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。