上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
03
30

花見

この季節、世界、いや日本は腐界に包まれています。
今や日本人の4人に1人が腐界にほとほと参っています。
かくいう私も普段から外出にマスクが欠かせません。


そんな中、昨日友人に誘われて、代々木公園に花見に行ってきました。
桜の花は満開でした。


素晴しい。。。


でも、花見といえば、飲み会です。
私もどっちかといえば、飲むのが嫌いじゃない人です。(というかそれしか最近趣味がないような・・・)
これは、マスクを外さざるを得ません。
ましてや「おなご」どもが見ている手前、頑張らねば。。。
ナウシカ宜しくマスクを外します。



「ほーら大丈夫。怖くない。。。」



そういったかどうか定かではありませんが、飲みまくります。
花見酒ってのはいいもんです。








そして30分経過。。。



来ました。




ナウシカは地下に行って助かりましたが、桜の下では胞子から守ってもらえません。
胞子が私の肺ならぬ目、鼻、咽喉に襲い掛かります。


(* >ω<)=3ヘックション!
(*T^T)ズルズル
( ・д⊂ヽ゛
(* >ω<)=3ヘックション!
(*T^T)ズルズル
( ・д⊂ヽ゛
(* >ω<)=3ヘックション!
(*T^T)ズルズル
( ・д⊂ヽ゛



私が悪かったです。
ごめんなさい(´;ω;`)ウッ…
一生悪いことしませんと誓ったところで、胞子どもは許してくれません。

結局、昨日一日の失態で、鼻が酷いことになっちゃいました。
今日はくしゃみのしすぎで疲れて動けないし、微熱が。。。(;´ρ`) グッタリ

石原都知事も、早いとこ巨神兵連れてきて杉の木一掃してくれんかと切に願う毎日です。
そんなことを思いながら絵を探そうとネットを見てたら、やっぱり同じ発想をする人は居るものです。
→杉の谷のナウシカ
スポンサーサイト
2008
03
24

予測

いろんなニュースを見ていまして、気付いたことをちょいとメモです。
纏まってなくても、間違ってても一切責任は負いませんので、取り扱いはお任せします。

私の話の始まりは、3月17日のニュースだったと思います。
JPモルガン・チェースがベアースターンズを買収することになったというニュースです。
ベアースターンズの収益が悪化しているのは去年くらいからニュースになっていますが、モルガンが救済するのは、大きな供与額があったため(ベアーへの供与額が最も大きいのがモルガン)です。
この負債はモルガンへの影響が直撃します。
サブプライムから始まり、カードクライシス、不動産価格の下落などの材料で、連鎖的に壊滅的ダメージを与えているということです。
そのため、米国市場は株式下落が止まりません。
昔見たニュースで、サブプライム問題の始まりごろにドイツ銀行が、サブプライム債の損益確定のために米国内で起こした訴訟が失敗(末端債務者への取立てができないことが確定)したため、サブプライム債を売れずにどんどん損失が膨らむという状態だというのは変わっていないと思います。
底なしの状況にいることは変わらず、資金注入が必要です。
少し前に、中国、中東などの投資機関が資金注入していますが、現在は危険を察知して敬遠し始めているようです。(チベットの件や中東情勢とも絡んでいるので省略しますが。。。)
すでに、インフレ状況なのに不況=Depression(恐慌)という状況にあり、利下げを行うという選択肢はこれ以上取れる余地が少ない状況です。
そのことからも最終的には米国政府が資金注入をせざるを得ない状況まで追い込まれるはずです。

別の観点で、米国債の低下も続いているようです。
海外からの米国債の購入割合が25%→6%になったというニュースがありました。
このあたりからも、ドル安(海外からの資産流入がストップ)してきていることが伺えます。

これに引っ張られているかのように日本始めアジアの株式市場も落ちます。
これまで米国市場がアジアの生産物の消費地となっていたからということからきています。
海外からの日本株式市場への投資が減っているというニュースがありましたが、日本国債に関しては増えているという話もあります。
資産がより安全なところへ流れているということは明白です。
米国債の格付けも今後下がる可能性があることにS&Pが言及しているのもこのあたりからでしょう。

米国不況脱出のためには、豊富な資金流入が必要とされているため、ドル買い協調介入が1つ手として残っています。
が、それが出来そうな日本では日銀総裁不在という状況です。
つまりは、それが幸いして日本側では協調介入を断ることになるのだと思われます。
米国の不況は間違いないとしたら、その後を考えたら無駄な金を捨てることなく次につなげればよいのでしょう。


Rising Sun Againといったところでしょうか。。。( ̄ー ̄)ニヤリ
2008
03
16

(* >ω<)=3ヘックション!

私、かれこれ25年程、花粉症と付き合っております。
年々酷くなり、1日1回飲めば効くって薬じゃもうダメで、ステロイドのぶっとい注射をお尻に打ってもらっても1ヶ月しか効きません(普通の人なら1シーズン分)。

強い薬を求めて今年は、市販薬「サジテン」が新発売でしたから、これを使ってみています。
1日2回を花粉の飛散量に合わせて、1回にしたり2回にしたりで乗り切ってました。
今年は比較的症状の悪化を抑えて順調だったのですが・・・

やっぱり、ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ


先週の水曜日に大量飛散があり、慈恵医大の花粉症サイトで見ると、品川で610.8個/平方cm/日だったそうです。
これは、飛散量が少ない年の1年分が1日に飛んでいるくらい大量です。
この猛攻には耐えられず、発症しました。
1回反応が始まると抑えが効かないです。
これからゴールデンウィークごろまでこれが続くと考えるとブルーな気分になってしまう今日この頃です。
(といっても、前半1ヶ月抑えられたから例年よりはましか・・・)


昨年オーストラリアに居るときには、花粉症とは無縁だったことを考えれば、戻ろうかなと考えちゃいます。
きっとオージー風に言ったら。。。
「外に出られない季節があったら、(オージーに)死ねって言ってるようなもんだぜ」
by シドニー在住のボブさん(45歳)
うぅ。。。逆に出たら死んじゃいます。。。

そんな気分で、Webでお出かけしてみました。
オーストラリアに行った気分で、リンクにもあるCherryさんのサイトを覗いてみたら、感動の一品が!
(一番最初のやつ)

海外で紹介された日本の珍発明品

ありゃつかえんと酷評されておりましたが、私はあれを使いたくなる気持ちは分かりますねぇ。
ミーティング時は、ティッシュ箱持参は当たり前ですし、プレゼンしながら鼻をハンカチで拭うこともシバシバ。。。目が悪いわけでもないのに、眼鏡(もちろん伊達。。。)を買うか検討中なくらいです。
これに関する私の結論はですねぇ。。。

背に腹は代えられないんですわ。。。
(*T^T)ズルズル

2008
03
09

"。・:*:・゚☆ ネ兄 月劵 禾り ,。・:*:・゚☆"

入社3ヶ月の評価で、昇格したようです。
晴れて「シニアコンサルタント」と呼ばれるようになります。
って。。。今までも似たような仕事してたんだから当たり前か。。。
入社3ヶ月の評価で上がるってことは、「そもそも採用時点で間違っちゃったね」って話です。
6ヶ月間は入社時点の給与水準と考えるとなんだか損した気分になります。

市場原理から言って、需要が高まれば当然価値は上がります。
反対に供給量が増えて、手に入りやすくなれば価値は下がります。
私の供給量は、1人以上にはなりえませんが、似たような人が居るなら価値は下がっていきます。
よく言えば、3ヶ月でその私の価値に周囲が納得できたので、評価に繋がったと思います。

自分の価値って何なのか。
社会人なら常に考えるべき命題でしょうね。
かくいう私も次の一手を既に実行しているんです。
(昔取った杵柄で( ̄ー ̄)ニヤリ)
でも、うちの会社ったら給料安いみたいだから、次の会社でも狙おうかな~。
なんて思う今日この頃です。

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。