FC2ブログ
2006
10
04

気をよくして気になるあの味 第2弾

昨日の料理についての反響がなかなかでしたので、気をよくして第2弾です。

オーストラリアで食べてみたいものといえば、みなさんは何でしょう。
新鮮なラムですか?
クロコダイルですか?

カンガルー。いかがですか?

というわけで、買いました。

P1000369.jpg


フィレとステーキと売ってますが、結構安いです。
Woolworthとかで普通に売ってます。
多分、お肉で一番安いのは、これだと思います。

見たとおり脂質の全くない肉です。
・・・そりゃそうですよね。
野生の肉ですもんね。
ラップを開けるとラムほど強烈ではないですが血生臭い獣の匂いというかなんというかがします。

とりあえず、ステーキですから焼いてみましょう。
英国人のスチュアート君の話では、プラムソースが合うということだったので。。。

P1000374.jpg


材料:
★カンガルー肉 150g
★リンゴ 1/4個
★植物油、塩、胡椒、赤ワイン、砂糖

調理:
★ソース
1.リンゴを適当なサイズにカットします。
2.カットしたリンゴ、砂糖、ワインを一緒にフライパンに入れ、中火でしんなりするまで煮ておきます。
★肉
1.カンガルー肉を叩いて、塩、胡椒を両面に振ります。
2.油を少量しいて、中火で温めたフライパンにカンガルー肉を入れます。
3.両面の色が変わったところで、ワインを適当に注ぎます。
4.アルコールの香りが上らなくなるまで加熱し、カンガルー肉を取り出します。
5.残ったワインと煮ておいたソースを絡めて肉にかけます。

これがですね。

肉が柔らかくてうまいです。

リンゴはもうちょっと煮た方が良かったですが・・・

寿司で言ったら、「トロより赤身が好き」ってそんな江戸っ子向きな肉です。
私は焼き加減はレアが大好きなのですが、カンガルーはミディアムくらい焼いたほうがいいと思います。
そうでないと筋肉質なので、生だと噛み切れなさそうです。

やはり血生臭さがあるので、塩コショウのステーキでは癖があります。
というわけでもう1個

P1000389.jpg


生姜焼き風味です。

材料:
★カンガルー肉 150g
★油、塩、胡椒、赤ワイン、醤油、生姜(小指の先程度)

調理:
1.油を薄くしいたフライパンを中火であたためます。
2.両面に塩、コショウを振ったカンガルー肉を載せ、両面を焼きます。
3.赤ワインを加え、アルコールが飛ぶまで熱してカンガルー肉を皿に盛ります。
4.そのフライパンに生姜(あらかじめおろしておいた)と醤油を加えてさっと熱し、カンガルー肉にかけます。

さっぱりしててやっぱりこっちのほうが好きですね(*゚ー゚)
醤油だからか・・・
スポンサーサイト



Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2006/10/05(Thu) 01:04ume [ URL|Mail ]

    カンガルーってウサギみたいな感じかなと想像してましたが、やわらかいの??

  3. 2006/10/05(Thu) 17:38ちょーさん [ URL|Mail ]

    > UMEっち
    ウサギが鶏肉とかに形容される淡白な感じだけど、カンガルーは牛肉に近い感じかな。
    知らなければ、牛フィレステーキといってもごまかせるくらい。
    スパイスまたはソースは必須だけどね(;・∀・)

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひまわり1号

Author:ひまわり1号
年齢:35歳
職業:会社員
趣味:ドライブ、サッカー

現在、ブログは迷走中・・・

(´ρ`).。oO(何書くべ)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

フリーエリア

Click for Perth, Western Australia Forecast